しあわせハムDiary

かわいいハムスターとの楽しい暮らしのガイド

ハムスターのケージを選ぶポイントは?種類別おすすめケージも紹介

ハムスターのお迎えにあたり、初めに用意するアイテムの1つがケージ。

 

ハムちゃんにとって一生を過ごす場所なので、快適なケージを選んであげたいですよね。

 

しかしネットやペットショップでは、実に多くの種類が販売されています。

 

「いまいち違いがわからない」「どうやって選べば良いか迷う」という方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はハムスター用ケージの種類や、それぞれの特徴、選ぶときのポイントを解説しました。

 

これからケージを準備する方や、買い替えを検討している方もぜひ参考にしてみてくださいね^^

 

ハムスターのケージは2種類

ハムスター用のケージは、大きく分けると2種類です。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

水槽タイプ

個人的におすすめしたいのは、水槽タイプです。

 

私も初めてハムスターをお迎えするとき、いろいろ調べて水槽タイプを購入しました^^

 

水槽タイプのメリットは以下のとおり。

  • プラスチック製だと軽い
  • 冬は暖かい
  • 床材を掘っても周囲が汚れない
  • 安全性が高い

 

特に重視したのは安全性です。

 

後述しますが、水槽タイプのケージならハムちゃんが歯を悪くしたりケガするリスクを減らせます。

 

ただし次のようなデメリットも。

  • ガラスやアクリル製だと重い
  • 夏は蒸し暑い
  • 蓋がないタイプだと脱走の危険

 

水槽タイプで飼う場合、夏の温度管理には注意しなければいけません。

 

ハムスターは暑さに弱く、28℃を超えると夏バテをおこす危険が高まります。

 

また梅雨時期は、湿気がこもりやすい面もあるでしょう。

 

ジメジメした環境は雑菌が好むため、ハムちゃんが感染症にかかるおそれも。

 

これらの要素を踏まえて、自分にとって使い勝手が良さそうか考えてみましょう。

 

金網タイプ

ハムスター用ケージのなかで、もっとも流通しているタイプ。

 

値段がリーズナブルで、手に入りやすい特徴があります。

 

金網タイプのメリットは下記のとおり。

  • 夏は涼しい
  • 比較的軽い
  • 安価

 

一方で、次のようなデメリットもあります。

  • 床材などで周囲が汚れやすい
  • 冬は寒い
  • よじ登ってケガ
  • 齧り癖がつきやすい

 

特にケガや齧り癖のリスクは考慮しておきたいところです。

 

金網タイプは、好奇心旺盛なハムちゃんがよじ登って遊ぶ可能性大。

 

また、ケージの齧り癖が付くと不正咬合という歯の病気になりかねません。

 

ケージを選ぶ際は、愛ハムが健康で過ごせるかどうかを視野に入れてみましょう。

 

参考記事:

ハムスターのケージを選ぶときのポイント

ハムスターのケージを選ぶときは、次のポイントをチェックしてみましょう。

 

  • 十分な広さがあるか
  • お世話しやすいか

それぞれについて補足します。

 

十分な広さがあるか

ハムちゃんは活発な動物です。

ケージに適度な広さがないと、ストレスをためやすくなります。

 

目安となる床面積は以下です。

  • ゴールデンハムスター:35cm×45cm
  • ジャンガリアンハムスター:35cm×25cm

 

ハムスターは高いところに登らない動物ですが、あまりに天井が低いと脱走するおそれがあります。

 

高さは、25cm以上を確保すると安心です。

 

お世話しやすいか

ケージは適切な頻度で掃除しなければいけません。

ごはんを用意するなどの、毎日おこなうお世話もあります。

 

そのため、掃除やグッズの出し入れがしやすい形状のケージを選ぶのがおすすめ。

 

大きく開く扉や、上下がセパレートになるものが良いでしょう。

 

また大きすぎるケージは、洗うときや移動するときに大変です。

 

ハムちゃんだけでなく、自分にとっても使い勝手が良いケージをチョイスしましょう。

【水槽タイプ】おすすめのハムスターケージ

ここからは、種類別におすすめのケージをご紹介します。

まずは水槽タイプから。

 

ferplast/ミニデュナ マルティ

一般的なハムスターケージより、広々した作り。

 

おもちゃを複数入れて遊び場を充実させたり、大きめの回し車を設置することもできますよ^^

 

天井が開くので、グッズの出し入れやお掃除も楽です。

 

SANKO/ルーミィ ブルー

中が見やすい透明ボディと大きな扉で、ハムちゃんとの距離が縮まりやすい作り。

 

ハムスター用パイプで遊び場を作ったり、“カクレガ”でくつろぐ姿も見られます。

 

サイレントホイール(回し車)、給水ボトル、透明食器がセットなので、飼育のスタートにも最適です。

 

GEX/グラスハーモニー450プラス

おしゃれケージとして知られるグラスハーモニーは、インテリアともよくなじみます♪

 

上下セパレート&大きな前面扉でお世話もらくらく。

透明感があるので写真もキレイに撮れますよ^^

 

参考記事:

ham-diary.com

【金網タイプ】おすすめのハムスターケージ

金網タイプでおすすめは、こちら♪

 

ファープラスト/クリセッティ9 ハムスター用

ポップでおしゃれな色使いが素敵なハムスターケージ。

 

回し車、ハウス、エサ入れ、水飲み容器のセット付きで、必要な飼育グッズがそろいます。

ハムスターが快適に暮らせるケージを選ぼう

ハムスターのケージには大きく分けて、水槽タイプと金網タイプの2種類があります。

 

どちらにもメリットがありますが、もっとも重視すべきなのは「安全性」です。

 

ケージはハムスターにとって、生涯のほぼすべてを生活することになる大切な場所。

 

野生なら住まいが気に入らなくても移動すれば良いですが、飼育下ではそうはいきません。

 

ハムちゃんは「与えられた環境でしか生きられない」ということを踏まえて、安全に過ごせるケージを選んであげましょう。

 

以下のページでは、ハムスターの住まいづくりに関する記事をまとめています。

あわせて参考にしてみてくださいね^^

 

 

それでは♪

お読みいただきありがとうございました♡