しあわせハムDiary

かわいいハムスターとの楽しい暮らしの記録

ハムスターのケージの掃除方法は?適切な頻度とやり方を徹底解説

こんにちは♪

 

ハムスターのケージ、正しい方法でお掃除できていますか?

 

ごはんの与え方などはペットショップで教えてくれることが多いですが、ケージの洗い方は意外とちゃんと知らないな…なんて方も多いかもしれません^^

 

しかしハムスターはデリケートな動物で、ケージの環境が悪いと病気にかかりやすくなったり、掃除方法がよくないとストレスで体調不良になったりします。

 

ハムスターの健康のためには、適切に掃除をして快適なケージ環境を整えることが大切です♪

 

今回は、掃除の頻度、手順、注意点など「ケージの洗い方・掃除方法」についてくわしく解説しましょう^^

 

 

ケージの掃除が必要な理由

そもそもハムスターのケージを掃除する目的は

  • ハムスターを湿度から守る
  • ケージ内に雑菌が繁殖するのをふせぐ
  • ニオイを防止する

の3つです^^

1つずつ見ていきましょう。

 

ハムスターを湿度から守る

野生のハムスターは砂漠地帯で暮らしているため、湿度が高いところは苦手です。

おしっこや給水ボトルから垂れた水などを放置していると、ハムスターが弱ってしまいます。

 

ケージ内に雑菌が繁殖するのをふせぐ

ハムスターのおしっこやフン、食べ残しなどからは雑菌が繁殖しやすくなり、細菌やウイルスの温床になります。

 

そのような不衛生な飼育環境は

  • 風邪
  • 細菌性呼吸器感染症
  • 肺炎
  • アレルギー性皮膚炎

などの病気をひきおこす可能性が高いです。

 

ハムスターはとてもデリケートな動物。

私たちにとっては身近な病気でも、ハムスターの場合は命をおとしかねません;;

 

参考記事:

 


ニオイを防止する

ハムスターはペットの中でもニオイが少ないほうですが、それでも掃除をおこたるとケージ内が臭いやすくなります。

 

ハムスターと飼い主のどちらにとっても、清潔な環境を心がけましょう^^

掃除をする時間帯

掃除をする時間帯は、昼間がおすすめです。

 

後述しますが、木製の巣箱などは天日干しするとよいので、できれば晴れた日の昼間が好ましいでしょう^^

 

またハムスターのほお袋にごはんが詰まっているときは、忙しく活動している最中です。

そのような時間帯は避けて、起きているタイミングでおこないましょう。

掃除をする頻度

ケージを掃除する頻度は、内容によって異なります。

  • 毎日やる掃除
  • 2~3日に1回やる掃除
  • 1ヶ月に1回やる掃除

の3つに分けてご紹介しましょう☆

 

毎日やる掃除

毎日やる掃除は本格的でなくてかまいません。

 

汚れた部分をさっと取り除けばオッケーなので、ハムスターが起きているタイミングで

手早くおこないましょう♪

 

床材の部分交換

おしっこや飲み水、食べ残しなどで汚れた床材を部分的に取り除き、新しい床材を補充します。

 

トイレ砂の部分交換

床材と同じように、おしっこで汚れた部分を取り除き、新しいトイレ砂を補充しましょう。

 

巣箱の点検

ハムスターは食べ物を貯蔵する習性があるので、巣箱に持ち帰った食材があるかもしれません。

 

排せつ物が付いてしまったり、腐ってしまった食材は不衛生です。

ハムスターが食べるとおなかを壊す原因にもなるので、見つけたらすぐに捨ててください。

 

ちなみに冬は1日、夏は半日で腐ると思っておきましょう!

 

飲み水の交換

給水ボトル本体とノズル部分をよくすすいで、新鮮な水と交換します。

 

またお皿で飲ませている場合は、床材や食べ残しが入りやすいのでよりこまめに交換してくださいね^^

 

2~3日に1回やる掃除

ケージ底や飼育用品などの汚れは、目に付いたときに掃除しましょう。

2~3日に1回くらいが目安になります。

 

床材すべての交換

2~3日もすると、ケージの底にはフンが溜まってきているはずです。

このタイミングで、床材をすべて交換しましょう。

 

ただしきれいな床材を1/3程度残しておき、新しい床材と混ぜることがポイントです!

こうすることでハムスター自身のにおいがケージ内に残り、安心します^^

 

トイレ砂すべての交換

床材と同じように、トイレ砂をすべて新しく交換しましょう。

トイレ砂も前のものを少し混ぜてあげると良いです☆

 

ケージ底や側面、飼育用品の汚れを拭き取る

床材をすべて交換するタイミングで、ケージの底や側面が見えたら、濡れタオルなどで水拭きします。

 

トイレや回し車、パイプなど(あれば)の飼育用品も、汚れがついていたら水拭きしてください。

 

濡れたままだとよくないので、水拭きしたあとは乾いたタオルなどで水気を拭き取りましょう。

 

給水ボトルをブラシなどで洗う

給水ボトルはぱっと見きれいでも、水垢がついていることが多いもの。

洗浄ブラシなどを使って、しっかりとこすり洗いし、清潔に保ちましょう。

 

【1か月に1~2回】大掃除の方法

1か月に1~2回を目安に、ケージやケージ内の飼育用品を大掃除しましょう。

最初は少し難しく感じますが、回数を重ねるごとにハムちゃんも慣れていくものです♪

以下の手順で進めてみてください^^

 

ハムスターを別の場所へ移す

ケージを丸洗いするので、ハムスターを別の場所へ移動させます。

サブケージがあればそちらでもよいですし、100均などで売っている鳥かごでもオッケーです。

 

上から脱走してしまわないように、蓋がついているものをおすすめします。

待っている間なるべくストレスにならないように、床材やサブ巣箱があれば入れてあげましょう^^

 

飼育用品をすべて取り出し、床材を交換する

あとで洗うので、飼育用品はすべて取り外します。

床材はいつものように1/3くらい取っておき、残りを捨てましょう。

 

床材の適量は普段なら2~3㎝、冬は暖かく過ごせるよう多めに敷いてあげてください^^

 

参考記事:


ケージと飼育用品を洗う

ケージと飼育用品を水洗いましょう。

細かいところは歯ブラシを使うときれいに汚れが落ちます。

洗剤はなくても大丈夫ですが、使った場合は念入りにすすいでください。

 

給水ボトルや食器を漂泊する

1か月に1~2回、給水ボトルなどの食器類を漂泊しましょう。

赤ちゃんの哺乳瓶用の漂白剤が安全でおすすめです。

洗剤と同様に、しっかりと水ですすいでくださいね^^

 

よく乾かす、天日干しする

ケージなど水洗いしたものは、タオルや布で水気が残らないように拭きましょう。

また木製の巣箱など、どうしても洗えないものは天日干しするのがおすすめです。

 

日光に当てると結構熱くなるので、少し時間を置いてからハムちゃんに使わせてあげてくださいね^^

 

ハムスターをケージに戻す

すべて終わったらハムスターをケージに戻します。

ハムちゃんも飼い主さんも、お疲れさまでした^^

【補足】ケージを掃除する際の注意点

ここまでケージの掃除方法をご紹介しましたが、いくつか注意したいことがあります。

補足と併せて参考にしてみてください^^

 

ニオイを落としすぎないように気をつけよう

ハムスターは近眼なので、情報をキャッチする際、ほぼ嗅覚と聴覚に頼っています。

 

そのため掃除のあとに全く自分のニオイがしなくなると、自分の縄張りだと認識できずパニックになることも多いです;;

 

毎日のお世話や2~3日に1回の掃除では“やりすぎないこと”を意識し、1か月に1回の大掃除のときは古い床材を混ぜてニオイを残してあげましょう!

 

初めての掃除は「お迎え1か月後」にしよう

お迎え直後のハムスターは、とても緊張しています。

 

新しい環境に慣れるまでにだいたい1ヶ月くらいかかるので、飼い始めてから1か月経ったら本格的な掃除をしましょう。

 

また体調不良のときや、メスのハムスターの妊娠・育児中も掃除されるのがストレスになります。

掃除に限らずなるべく接触を控えて、そっとしておいてあげてください^^

 

ただしオシッコがついた床材や食べ残しを取り除くなど、最低限のお世話はしましょう♪

 

参考記事:


トイレを覚えてもらおう

ハムスターは決まった場所でオシッコをする子が多いので、この習性を活かしてトイレを覚えてもらうことは可能です。

 

汚れたトイレ砂だけ捨てればよいので、掃除が楽になりますよね^^

 

中にはずっとトイレを覚えない子もいるので無理強いは禁物ですが、一度トイレトレーニングを試してみるのもよいでしょう☆

 

参考記事:


掃除のあとにご褒美をあげよう

掃除はハムちゃんにとって嫌なことなので、今後トラウマにならないためにもご褒美をあげるのがおすすめです♪

 

野菜や果物、ひまわりの種など好物をあげてください^^

ただしハムスターが好む食べ物は高カロリーであることが多いので、与えすぎないように注意しましょう。

 

参考記事:

ケージを清潔に保ち、ハムスターを快適に育ててあげよう!

ハムスターのケージの洗い方についてまとめました^^

 

ハムスターはデリケートな動物で病気にもかかりやすいため、ジメジメしていたり不衛生な環境はよくありません。

 

一方で、構いすぎたり長時間の作業をされるのもストレスになってしまうので、正しい方法で“手早く”掃除をすることが大切です。

 

  • 毎日やる掃除
  • 2~3日に1回やる掃除
  • 1ヶ月に1~2回の大掃除

に分けて掃除をしてください。

 

どんなときもハムスターのニオイを少し残すことがポイントです^^

適切な飼育環境を保って、ハムスターを心身ともに健やかに育ててあげましょう☆

 

 

それではまた♪

皆さま、よい1日を^^

🐹「お読みいただきありがとうございました♡」