しあわせハムDiary

かわいいハムスターとの楽しい暮らしの記録

ハムスターのほお袋はどうやって生まれたの?まさかの【成り立ち】

こんにちは♪

 

ほっぺたがパンパンになるほどごはんを詰め込む姿…。

ハムスターの可愛らしさが満点の仕草ですよね!

 

そんなほお袋ですが、一体どのように生まれたかご存知ですか?

 

今回はハムスターファンの私が「ハムスターのほお袋の成り立ち」というちょっとコアなテーマでお送りします^^

 

また「頬袋脱」という病気など、ほお袋に関して気を付けたいことにも触れていますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

 

 

「ほお袋」誕生のとき

ハムスターの最大の特徴とも言えるほお袋ですが、なんと最初は「ただのシワ」でしたΣ(・ω・ノ)ノ!

 

ほおの内側にたまたま小さなシワができたご先祖ハムスターが「ここに食べ物を入れよう!」と考えたのが始まりだと言われています。

 

これは世紀の大発見でした。

一度にたくわえられる食料が増えるということは、食料を探しに行く回数や巣穴との往復が減るということ。

 

天敵が多いハムスターにとって、少しでも死んでしまうリスクを減らす方法だったんですね。

その後、次第にシワが大きくなっていき、今のような大きなほお袋になりました。

 

参考記事:

ham-diary.com

 

ちなみにカンガルーのおなかの袋も同じような成り立ちです。

赤ちゃんがお母さんのおなかにつかまってお乳を飲んでいたときに、足を引っかけていたのがおなかのシワ。

 

その袋がだんだんと深くなり、今のような袋になったのだとか。

生き物の進化って、すごいです!!

ほお袋は使い勝手バツグン

ほお袋には、いろいろな使い方があります。

ごはんを詰めるだけではなく、巣材を運んだり。野生では、ほお袋を浮き輪にして泳ぐこともあるそうですよ!

 

食べ物を詰める

やはり一番メインになるのは、ごはんを詰めて食糧庫まで運ぶことです。

野生では、食料を探しに行くのも命がけ。

 

できるだけ地上はウロウロしたくないので、ごはんを見つけたら入るだけほお袋に入れようとします。

 

一体どれくらいの量が入るかというと、ゴールデンハムスターなら「ひまわりの種が約100個」だそうですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

「片側に50個ずつで100個」らしいのですが、そんなに入るとは思えないですよね(笑

 

ちなみに「一回出したものを、間違えてまた詰めたりしないのかな?」という疑問を抱く方もいるかもしれませんが、ご安心ください。

 

一回ほお袋に入れると唾液がつくので、そのにおいできちんと判別できているのです^^

ハムスターって本当に賢いですよね!

 

巣材を詰める

ほお袋には、ごはんだけでなく巣材を詰めて持ち運ぶ役目もあります。

 

そこで気を付けたいのが、ティッシュや綿など「ほお袋にくっつきやすい巣材や床材」です。

 

大切なほお袋に傷がついてしまうと「頬袋脱」という病気の原因にもなるので、気を付けてくださいね。

 

基本的にハムスターは何でも口に入れてしまうと思っていただいて大丈夫です。そのため、ハムスターにとって危険なものは、近くに置かないようにしましょう。

 

野生ハムは浮き輪にして泳ぐ!?

番外編ですが、野生ハムはいざというとき、ほお袋に空気をたっぷりためて「浮き輪」にして泳ぐそうです。

 

きっと大雨が降ってしまい、水たまりを泳がざるを得ない状況だったのでしょう。

野生のサバイバルスキルには、本当に感心しますね!

 

なお、泳ぐのはあくまでも「野生では」のお話です。

もともと砂漠で暮らしていたハムスターは、水が大の苦手。

 

無理やり泳がせるということは絶対にNGなので、間違ってもしないでくださいね!

 

冷たい水に濡れたあと、上手く体温を上げられずに命を落としてしまう可能性もあるので要注意です(>_<)

まとめ

「ハムスターのほお袋について」の雑学を紹介しました☆

ほお袋って、食べ物だけでなく巣材も運んだり、すごく高機能なんです。

 

ただし、物を詰めすぎたり内側にティッシュがくっついたりすると「頬袋脱」という病気になる可能性もあります。

 

床材や巣材にティッシュを使用しないなど、日頃から十分に気を付けてくださいね^^

 

それではまた♪

皆さま、良い一日を☆

🐹「お読みいただきありがとうございました♡」

 

にほんブログ村 ハムスターブログへ
にほんブログ村