しあわせハムDiary

かわいいハムスターとの楽しい暮らしの記録

ハムスターの寒さ対策6選!100均やヒーターなどおすすめグッズも紹介

こんにちは♪

 

ハムスターは、温度管理がむずかしい生き物。

暑さにも寒さにも弱く、適温でないと体調不良に陥りやすくなります。

 

特に冬に怖いのは疑似冬眠です。

疑似冬眠に陥ると、命を落としてしまうこともあるので細心の注意を払わなければいけません。

 

大切なハムスターを寒さから守るために、きちんと対策をして厳しい冬を乗り切りましょう^^

 

本記事では、ハムスターの適温や寒さ対策を始める時期、6つの寒さ対策グッズなどをご紹介していきます♪

 

 

ハムスターは冬が苦手

まずハムスターが寒さに弱い理由や、ハムスターの適温についておさらいしましょう^^

 

ハムスターは寒さに弱い

ハムスターは寒さに弱い生き物です。

むしろ寒さだけでなく暑さにも弱いのが特徴。

 

野生のハムスターが暮らす巣穴の中は、一定の温度を保っています。

つまり「暑い、寒い」という気温の変化に順応する能力が備わっていないのです。

 

ハムスターの飼育をするなら、温度管理を徹底して快適生活を送らせてあげましょう☆

 

ハムスターの適温

ハムスターにとって過ごしやすいのは

  • 気温20℃~26℃
  • 湿度40~60%

です。

 

日本の気候ではなかなか難しい部分もありますが、あるべくこの数値をキープしましょう!

日頃から温湿度計で、気温と湿度を把握すると良いですよ。

 

GEX ハーモニーサーモ 温湿度計

オシャレケージとして人気の「グラスハーモニー」に取り付けられる温湿度計。

金網ケージでも使用できるのが嬉しい♪

 

取り付けが簡単&コードレスなのでハムスターが齧ってしまう心配も無く安心です^^

 

参考記事:


ハムスターの疑似冬眠とは?

冬にハムスターを飼う上で、一番気をつけたいのが疑似冬眠と呼ばれるもの。

 

疑似冬眠は読んで字のごとく“疑似”の冬眠で、クマやリスなどの正常な冬眠とはまったく別物です。

いわゆる低体温症を起こしている状態で、気温が10℃を下回ると陥ると言われています。

 

この状態からの回復は難しく、そのまま死に至るハムスターも少なくありません;;

疑似冬眠にならないように、しっかりと防寒対策をしていきましょう。

 

ハムスターの寒さ対策はいつから必要?

地域にもよりますが、ぐっと気温が下がるのはだいたい10月頃ではないでしょうか。

春先も、朝と夜が冷え込みます。

 

10月頃から4月の上旬にかけては、防寒を心がけたほうが無難です。

また自分の基準ではなく、ハムスターをよく観察して判断しましょう。

 

  • 巣箱から出てこない
  • 動作が鈍い
  • 食欲が落ちる

などの様子が見られる場合は、ハムスターが寒がっているかもしれません。

 

気温という数字だけでなく、ハムちゃんの行動からも総合的に判断してください^^

ハムスターの寒さ対策6選!100均で手に入るグッズも♪

ハムスターの寒さ対策にもいろいろあります。

冬の寒さも段階があるので、必要に応じて試してみてください。

 

段ボールとタオル

100均でも購入できる段ボール。

古典的に思えるかもしれませんが、これでも十分な防寒対策になります。

 

春先や10月頃の肌寒い夜には、手軽にこんな対策を取り入れてみてはいかがでしょう?

 

やり方はとっても簡単!

ケージの上から段ボールをかぶせて、上からバスタオルなど大きめのタオルをかけるだけです。

 

ケージ全体をおおってしまうと苦しいかもしれないので、空気穴をあけたり一部切り抜くなど工夫してみてください。

 

断熱シートやエアマットも100均で手に入りやすく、ケージ内の暖かさを外に逃がさないようにしてくれるのでおすすめですよ^^

 

床材を厚めに敷く

こちらも手軽な防寒対策の1つで「肌寒くなってきたな~」という季節におすすめです。

いつもより多めの床材を敷くだけなのですが、保温効果は格段に上がります。

 

ただし床材が多いと歩きづらそうにするハムスターもいるので、その場合は加減してくださいね^^

 

冬用ハウスの活用

ハムスターのおうち=巣箱を「冬仕様」に替えるのも有効!

 

私たちが衣替えをするように、ハムスターのおうちである巣箱を季節に合わせてチェンジしてあげると良いでしょう。

 

暑い季節はアルミや大理石素材が、寒い時期はフリース生地などの暖かい素材で作られたハウスがおすすめです。

 

森のどんぐりハウス

秋らしいこっくりとしたブラウンカラーがかわいい♪

見るからに暖かそうですね^^

 

りんごハウス

こちらはやわらかなパステルカラー♪

いたずらされないように、ケージに取り付けられる仕様になっています。

 

カイロ

私たちが寒いときに衣類に貼るカイロ。

これがハムスターの寒さ対策にも一役買ってくれるのです^^

 

我が家では手ごろなブランケットを用意して、カイロを2つくらい貼ります。

1つは巣箱の下に来るように位置を調整しながら、あとはケージを乗せるだけです♪

 

カイロがくっつきやすいように、毛足の短いブランケットを選ぶのがおすすめ。

ブランケットがあるとケージの底冷え防止にもなるので、ぜひカイロと併用してみてくださいね。

 

また、ときどきはハムスターの体を直に触ってみることも大切です。

「なんだか冷たい気がするな」と思ったら、カイロを増やしましょう。

 

温度という数字だけでなく、ハムスター自身もよく観察しながら調整してみてくださいね♪

 

小動物用ヒーターを使う

「エアコンをつけるにはまだ早いかな…」という季節。

すごく便利なのが、小動物用ヒーターです。

 

ケージの下に設置できる“パネル式”のヒーターで、ケージの底を温めてくれます。

ヒーターの表面温度は40度ほどになり、ケージ内の室温は+5℃くらい上げることができます。

 

ペットショップはもちろん、ネットショップでも手に入りますよ☆

 

ほ~っと気分【小動物用ヒーター】

リバーシブルなので暖かさ(高温と中低温)を選べます。

電気代が1時間あたり約0.3円と、リーズナブルなのも嬉しいポイント。

 

かなり重宝するアイテムですが、ケージ全体を温めないように気をつけましょう!

底全面を温めると、暑くなりすぎたときにハムスターが逃げ込む場所がなくなってしまいます。

 

ケージ底の半分~1/3面積くらいを温めるとちょうど良いです。

ハムスターが1日の大半を過ごす、巣箱の下などに敷くのがおすすめ♪

 

またこの手の器具全般に言えることですが、つけっぱなしは思わぬ危険につながることもあります。

設置したあとも、こまめに観察してくださいね!

 

エアコン、ストーブなどの暖房器具をつける

もっとも寒さが厳しくなる12月~1月。

エアコンやストーブなど、暖房器具の出番です。

 

もし何もつけないと、室温は10℃前後にまで下がってしまいます(>_<)

先にお伝えしたハムスターの“疑似冬眠”が起こるボーダーラインになるので、十分注意してくださいね。

 

そしてこれらの暖房器具、基本的につけたままにするのが好ましいです。

ハムスターが凍えてしまわないように、外出時でも消さずにでかけましょう。

冬にハムスターを飼う上で、注意したい3つのこと

ハムスターを冬に飼育する上で、注意したい点が3つあります。

1つずつ見ていきましょう。

 

ケージを窓際や床に置かない

1つ目が「ケージの置き場」について。

窓際や床に直置きするのは、良くありません。

 

窓際はすきま風が入り冷えやすく、床は底冷えしてしまいます。

すきま風が入りにくい適切な場所を選び、テーブルなどの上に置くようにしましょう。

 

エアコンやストーブを放置しない

2つ目は「暖房器具の取り扱い」についてです。

暖房器具はつけっぱなしが好ましいですが、完全に放置するのは危険。

 

1日の間でも気温の変化はあるので、同じ設定温度のまま稼働させておくのは不安ですよね。

昼夜の気温差が激しい季節は、特に注意が必要です。

 

つけて安心するのではなく、気温とハムスターの様子をこまめにチェックしましょう!

 

ペット用に市販されている以外の布製品を入れない

靴下やタオルなどの布製品を、ケージに入れるのはやめましょう。

 

タオルのような“パイル地”は爪に引っかかりやすく、ハムスターが自分で取ろうとして骨折してしまうおそれがあります;;

 

小動物用に市販されているものは、毛足の短いフリース生地などを使用しているので比較的安心ですが「ペット用だから大丈夫」と盲目的に信じるのは危険です。

 

性格によっては(食べ物ではないのに)布を食べてしまう子もいます。

すると布がほお袋にくっついて頬袋脱という病気を引き起こしたり、消化できずに腸閉塞に陥る可能性も否定できません。

 

医師や専門家の意見も大事ですが、一番身近で見守ってきたのは飼い主さんです。

 

新しいグッズを取り入れるときは、飼いハムの様子をよくチェックして使用可能かを判断してくださいね^^

 

ハムスターの寒さ対策を徹底して、厳しい冬を乗り切ろう!

寒さに弱いハムスター。

適切な防寒対策をしなければ、体調不良や疑似冬眠に陥るおそれがあります。

 

ハムスターの適温は20℃~26℃です。

これを保てるように、寒さのレベルに応じて対策しましょう!

 

防寒対策には

  • 段ボール
  • 多めの床材
  • 冬用ハウス
  • カイロ
  • 小動物用ヒーター
  • エアコンなどの暖房器具

が有効です。

 

大切なハムスターが厳しい冬を元気に乗り切れるよう、しっかりと対策しましょうね^^

 

それではまた♪

皆さま、良い1日を☆

🐹「お読みいただきありがとうございました♡」