しあわせハムDiary

かわいいハムスターとの楽しい暮らしの記録

ハムスターはマスカットを食べられる?ぶどうの与え方と4つの注意点

こんにちは♪

 

お中元にシャインマスカットを頂いたので、シナモン(うちで飼っているジャンガリアンハムスター)にあげてみました☆

 

とってもおいしそうに食べる様子を見ると、飼い主としても幸せな気持ちになりますね^^

 

マスカットに限らず、ぶどうを好んで食べるハムスターは多いので、ご褒美やおやつにもぴったりです♪

 

しかし皮や種は食べられるのか適量がどれくらいかなど疑問がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ぶどうは与え方を間違えるとハムスターにとって危険があるので注意が必要です(>_<)

 

本記事では

  • ぶどうの栄養価
  • ハムスターへのぶどうの与え方
  • ハムスターにぶどうを与えるときの4つの注意点

についておさらいしていきます。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね☆

 

 

ぶどうの栄養価

スーパーなどで売られているぶどうには

  • 小粒で紫色の「デラウェア」
  • 緑色で皮ごと食べられる「マスカット」
  • 大粒で黒色の「巨峰」

の3種類がありますが、ハムスターへの与え方はどれも一緒です。

 

またぶどうは栄養価も高く

  • ブドウ糖→疲労回復効果
  • ポリフェノール→「動脈硬化」や「ガン」の予防効果
  • ビタミン・ミネラル→抗酸化作用に優れ、皮膚や粘膜を健康に保つ

などの効果が期待できます。

 

嗜好性だけでなく栄養面にも優れたぶどう。

これはハムスターにあげない手はありませんね^^

ハムスターへのぶどうの与え方

ぶどうはハムスターでも安心して食べることができます。

いくつか注意点もあるのですが、先に与え方だけお伝えすると

 

✔ 皮と種は与えない

✔ 5㎜角くらいを週1回目安

 

この2点を守っていただければ大丈夫です。

ハムスターに、おいしいおやつで栄養補給しましょう^^

ハムスターにぶどうを与える際の4つの注意点

先にお伝えしたとおり、ぶどうはハムスターも安心して食べられます。

ただし、注意しておきたいことが4つあるので詳しく見ていきましょう。

 

皮と種は取り除く

ぶどうの皮と種には「タンニン」という成分が含まれているのですが、実はハムスターにとっては有害な成分です。

ハムスターの内臓器官にダメージを与えてしまうので、間違えて食べさせないように注意しましょう。

 

量を与えすぎない

みずみずしくおいしいぶどうですが、それだけ水分量と糖分が多い食材と言えますね。くわえて食物繊維も豊富でお通じも良くなるため、ハムスターにあげすぎると

✔ 下痢

✔ 肥満

の原因になってしまいます。

いくら栄養があっても、与えすぎないようにしましょう。

 

新鮮なぶどうを与える

ぶどうは傷みやすい食材です。スーパーで買ってきたら、早めに与えましょう。

日にちが経ったものはハムスターにあげないようにしてくださいね。

 

常温に戻してから与える

冷蔵庫から取り出して「すぐ」だと冷たすぎて、お腹を壊す原因に。

しばらく常温で置いてからハムスターに与えるようにしましょう。

 

なおハムスター用にフリーズドライされたぶどうも市販されています。

✔ より手軽にぶどうを与えたい

✔ ぶどうを買う機会が少ない

という方にはこちらがおすすめ。

 

長野県産 きょほう

長野県産 きょほう」は原材料が「巨峰(長野県産)」のみ!

(ハムスター用でも植物油が添加されていることがあります)

 

おいしいだけでなく安心して与えられるのが嬉しいですよね^^

おいしいぶどうでハムスターに栄養補給しよう♪

ぶどうはハムスターも安心して食べられます。

暑い夏の水分補給に、おやつとして与えるのもおすすめです。

 

疲労回復抗酸化作用が期待できるので、栄養面に優れているのもうれしいところ。

ただし水分量も糖分も多いため、あげすぎには注意しましょう。

 

ぶどうの皮と種は、ハムスターにとって有害な「タンニン」が含まれるので、間違って与えないように気を付けてくださいね。

 

“夏の風物詩”の1つであるシャインマスカットも良し、他のぶどうでももちろん良し!

可愛いハムスターにぶどうをあげて、美味しく栄養補給♪夏を乗り切りましょう☆

 

 

それではまた♪

皆さま、良い一日を^^

🐹「お読みいただきありがとうございました♡」

 

 

こちらの記事もおすすめです♪

 

 

 

にほんブログ村 ハムスターブログへ
にほんブログ村

 

ハムスターの呼吸が苦しそうなとき考えられる4つの病気について解説

こんにちは♪

 

突然ですが、スヤスヤ眠るハムスターの姿を見て、一瞬「息してる!?」と心配になったことはありませんか?

 

そう、健康なハムちゃんの場合、繊細すぎるくらいの息遣いをするのが普通です。

 

逆に体全体で動くような呼吸をしていたら危険なサイン(>_<)

背中を丸めてうずくまる、キューキュー鳴くなども同様で、息苦しい証拠といえます。

 

ハムスターの呼吸がおかしいときは、主に

☑ 風邪

☑ 呼吸器系の疾患

☑ 心臓病

☑ 熱中症

の可能性が濃厚。

 

ハムちゃんはくしゃみをあまりしないので、呼吸器疾患は呼吸の異常で気付くことがほとんどです。

そのほか、鼻水や目ヤニ、食欲低下が見られることも。

 

また心臓病などの重い病の可能性もありますし、暑ければ熱中症もあり得るでしょう。

 

いずれにしても、ハムスターをよく観察してあげること、そしてなるべく早く病院で診察を受けることが大切です。

 

本記事では、ハムスターの呼吸がおかしいときに考えられる病気として

  • 風邪
  • 細菌性呼吸器感染症・肺炎
  • 心臓病
  • 熱中症

について解説します。

 

それぞれの症状、原因、対策、予防についてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

 

 

ハムスターの呼吸が苦しそうなとき考えられる4つの病気

ハムちゃんが息苦しそうなとき考えられる病気として

☑ 細菌性呼吸器感染症・肺炎

☑ 風邪

☑ 心臓病

☑ 熱中症

の4つがあります。

順番に見ていきましょう。

 

細菌性呼吸器感染症・肺炎

これらの病気は早期発見が大切。

悪化してからの通院治療はハムちゃんへの負担が大きくなるため、なるべく早く気が付けるようにしましょう。

 

症状は?

よく見られるのは

☑ 体全体で呼吸をしている

☑ 背中を丸めてうずくまる

☑ キューキュー、キュッキュッなど、異常な呼吸音

など。

 

まれにくしゃみもすることもあります。

ハムスターのくしゃみは「ケンッ、ケンッ」「クックッ」「クシュンッ」のように聞こえる飼い主さんが多いようです。

 

また歯ぐきが白っぽかったり、舌が赤紫になっているのは呼吸困難に陥っている可能性が高いので、急いで病院へ行きましょう。

 

原因は?

レンサ球菌やインフルエンザウイルスなどに感染して発症することがほとんどです。

人からの感染も、ほかのハムからの感染もあり得ます。

 

予防は?

衛生管理が有効です。

こまめな掃除を心がけ、細菌やウイルスに感染させない環境作りをしましょう。

 

またお世話やふれあいタイムのときに人から感染させないよう、手洗いうがいを徹底してください。

 

複数飼育の場合は、一匹が発症した場合はすぐにケージを分けることもお忘れなく^^

 

治療は?

治療には抗生物質や消炎剤を服用します。

重症な場合は酸素吸入が必要になることも。

 

ハムスターは体が小さく進行も早いため、気づいたときには重症化していることも珍しくありません;;

早めの診察を心がけましょう。

 

風邪

私たち同様、季節の変わり目はハムちゃんも風邪をひきやすくなります。

悪化すると肺炎を発症しかねないので、注意が必要です。

 

症状は?

主に

☑ 鼻水が出る

☑ 鼻の下がただれる

☑ 目ヤニ

など。

併せて食欲低下が見られることもあるでしょう。

 

原因は?

急激な温度変化、ウイルスや細菌に感染することが原因です。

ハムスターは寒さが苦手なので、冬や寒暖差の激しい季節は特に気を付けなければいけません。

 

予防は?

ウイルスや細菌に感染しないよう、ケージ内を清潔に保ちましょう。

温度は、ハムスターの適温である20~26℃をキープしてください。

 

また免疫力が低下していると風邪をひきやすいもの。

栄養価が高いものをバランスよく食べさせ、ストレスが溜まらない環境作りを意識しましょう^^

 

治療は?

食事は、ビタミン豊富なブロッコリーや果物などを積極的に与えます。

 

また風邪のときは、いつもよりあたたかくしてあげることも重要。

室温を24~27℃に設定し、清潔かつ静かな環境で休ませましょう。

 

これらの自宅療養でよくならない場合は、病院に行く必要があります。

治療には抗生物質とビタミン剤を用いることが一般的です。

 

症状が悪化すると病院へ行くことも困難になるうえ、診察のストレスも増してしまうもの。

ハムちゃんをよく観察して、自然治癒しないときは病院へ急いでくださいね^^

 

参考記事:

ham-diary.com

 

心臓病

少し苦しそう?呼吸音が大きくなった?そんな風に感じたら心臓病の可能性も。

急いで病院へ行きましょう。

 

症状は?

腹式呼吸でおなかが大きく動くほか

☑ 呼吸音が大きくなったり、呼吸が辛そう

☑ 食欲低下

☑ むくんで太ったように見える

などの症状が目立つでしょう。

 

心臓が病気になると老廃物の排出がうまくいきません。

肺水腫を起こしたり、胸水が溜まることで呼吸が苦しくなります。

 

原因は?

高齢により心機能が低下したハムスターに多く見られるほか、遺伝的要因も強いと言われています。

また肥満気味のハムスターも発症しやすいでしょう。

 

予防は?

肥満気味のハムスターは高血圧であることが多く、心臓に負担がかかります。

バランスのよい食事と適度な運動で、適性体重をキープしましょう。

 

ハムちゃんが大好きなひまわりの種などの種子類はほどほどにしてください。

以下の記事では、ハムスターのダイエットについてまとめています^^

 

参考記事:

ham-diary.com

 

心臓病のハムスターには、回し車を外すなどして運動による心臓への負担を減らすことも有効です。

 

なお、高齢による心機能の低下が原因の場合は、ふせぎようがない部分もあります;;

衛生管理、栄養管理を徹底して、なるべく健やかに育ててあげましょう。

 

治療は?

心臓病の治療には

☑ 強心剤

☑ 血管拡張剤

☑ 利尿剤

などを使用します。

 

ただし完治は難しく、痛みを和らげて進行を遅らせるためのものになるでしょう;;

 

食欲もないため、少量でも栄養補給ができる小動物用ミルクやフードを与えるのがおすすめです。

心臓に負担をかけないよう、運動は控えさせてください。

 

 

ヘルスチャージ-S 高栄養パウダーフード

我が家のシナモンにも、病中よく与えているフードがこちら^^

体を作る動物性たんぱく質と高濃度必須アミノ酸を素早く吸収。

少ない食事量でも、ハムスターの栄養補給をサポートします。

 

いろいろな与え方ができるので、ハムちゃんの嗜好に合わせられるのも嬉しいポイントです^^

≪「ヘルスチャージーS 高栄養パウダーフード」を楽天で見る

 

熱中症

暑さが苦手なハムスターにとって、日本の夏は過酷なもの。

28℃から危険領域になり、30℃を超えると一気に死亡率が上がるので注意しましょう。

 

症状は?

☑ 呼吸が荒い

☑ 体が湿っている

☑ ぐったりして元気がない

 

汗をかかないハムスターがの体が湿っているのは明らかに異常です(>_<)

また仰向けに寝るのは体の熱を少しでも逃がそうとしているサインなので、よく観察してください。

 

応急処置は?

応急処置の方法は人間とほぼ一緒です。

 

ただしハムスターは水浴びする習慣がないので、タオルにくるんだ保冷剤などで体温を下げてから、水分を与えましょう。

 

水分補給には経口補水液や1/2~1/3に薄めたスポーツドリンクがおすすめです。

応急処置のあとは急いで病院へ。

 

予防は?

とにかくエアコンなどで温度管理をすることが一番。

真夏はもちろん、残暑が厳しい9~10月上旬頃までは気を抜けません。

 

ハムスターの適温である20~26℃をキープできるよう、温度計を使用して管理してくださいね^^

ハムスターの呼吸が苦しそうなときはすぐに病院へ行こう!

ハムスターの呼吸が苦しそうなときは主に

☑ 細菌性呼吸器感染症・肺炎

☑ 風邪

☑ 心臓病

☑ 熱中症

の4つの病気が考えられます。

 

それぞれの病気についてポイントをまとめます。

  • 風邪・呼吸器感染症・肺炎の予防には衛生管理と栄養管理が大切
  • 心臓病のリスクを減らすため、体重管理を徹底しよう
  • 熱中症にならないよう、室温は26℃以下をキープする

 

またストレスは万病のもとです。

 

日頃からハムちゃんが落ち着ける環境を整え、極度に触ったり構いすぎないように気をつけましょう^^

 

小さな異変に早く気付くことができれば、大事に至らない病気もあります。

日々の健康チェックを欠かさずおこない、愛ハムをすこやかに育ててあげましょう。

 

それではまた♪

皆さま、よい1日を☆

🐹「お読みいただきありがとうございました♡」

ハムスターが耳をかゆがる病気は?外耳炎や腫瘍の可能性もあり

こんにちは♪

 

ハムスターの毛づくろいで、耳の後ろから手を回すあのポーズ。

すっごくかわいいですよね~!^^

↑コレです(笑)

 

ずっと眺めていたくなるキュートさですが、ひっきりなしに掻いている場合は耳の病気が潜んでいる可能性も。

 

我が家のシナモン(ジャンガリアンハムスター♀)も、しきりに耳を搔いていた時期があり、診察の結果「中耳炎、もしくは内耳炎」とのことでした;;

 

例えば

☑ 耳をかゆがる

☑ 耳が汚れている

☑ 耳から悪臭がする

☑ 耳の後ろの毛が薄い、または赤い

☑ 頭をさかんに振る

 

などの症状が見られたら外耳炎、中耳炎・内耳炎、耳の腫瘍の疑いアリです。

 

外耳炎などは直接的に命に関わる病気ではないですが、掻きすぎて耳が切れたり、放っておくと目や鼻に炎症が移ることもあります。

 

また腫瘍は体のあちこちにできやすいため、耳にできることも当然あるでしょう。

愛ハムを守るためには、耳の病気について正しく理解することが大切。

 

本記事では

  • 外耳炎
  • 中耳炎・内耳炎
  • 耳の腫瘍

について解説します。

 

それぞれの症状、原因、対策、治療をまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

 

ハムスターが耳をかゆがるとき考えられる3つの病気

冒頭で触れたとおり、ハムちゃんが耳をかゆがるときは

☑ 外耳炎

☑ 中耳炎・内耳炎

☑ 耳の腫瘍

の3つの病気が疑われます。

順番に見ていきましょう。

 

外耳炎

ハムスターが最もかかりやすい耳の病気です。

強いかゆみがあり、見ていても辛そう;;

 

症状は?

☑ かゆがってしきりに耳を掻く

☑ 膿のニオイがする

☑ 耳の後ろが脱毛する、または出血がある

などの症状が出ます。

 

ひどくなると食欲低下を招くことも。

 

痩せていくのはもちろん、免疫力が落ちて感染症にかかったり、体温維持が困難になる場合もあります。

 

このような二次被害につながらないよう、早めに病院へ行きましょう。

 

原因は?

細菌に感染して、外耳が炎症を起こします。

感染経路は主に、傷口からの感染と、不衛生な環境による感染の2つです。

 

溜まった耳垢に細菌が繁殖して感染の原因になることが多いですが、かといって飼い主の耳掃除は危険(>_<)

 

私たち素人の耳掃除は耳を傷つけやすく、この傷も感染の一因になるからです。

耳掃除は獣医さんに任せましょう。

 

予防は?

掃除をしっかりすることが第一です。

特に雑菌が繫殖しやすいトイレ砂は毎日交換してください。

 

ケガをしないケージ選びと、レイアウトを意識しましょう。

構いすぎ、不適切な温度もストレスになるので気をつけてください。

 

また高齢だったり風邪をひいているハムは抵抗力が低く、細菌にも感染しがち。

日頃から栄養バランスのよい食事を用意し、体力をつけましょう^^

 

治療は?

耳掃除をすると同時に、抗生物質や点耳薬を症状に合わせて投与します。

外耳炎の影響で首の後ろに液体が溜まっている場合は、液体を抜く処置をすることも。

 

膿が目や鼻に移ると完治が難しくなるので、早めに診察を受けましょう。

 

中耳炎・内耳炎

外耳炎が進行した状態です。

原因や予防法は外耳炎とほぼ一緒ですが、症状はひどくなります。

 

症状は?

☑ ふらふらと歩く、足を引きずる

☑ しっぽをめがけてクルクル回る

☑ 耳から膿が出る、悪臭がする

外耳炎の膿が三半規管に達することで平衡感覚に支障をきたし、歩き方がおかしくなる状態です。

 

原因は?

細菌に感染し膿が溜まることで起こります。

傷口から、あるいは不衛生な環境によっても感染するでしょう。

 

飼い主の耳掃除で傷つけてしまうことも要因の1つ。

風邪をひいて免疫力が低下したり、ストレスが溜まることも原因になります。

 

予防は?

こまめな掃除で、ケージ内を清潔に保ちましょう。

 

しかしやりすぎは禁物。

ハムちゃんは嗅覚が優れているため、自分のニオイがしなくなることは返ってストレスになります。

 

雑菌が繫殖しやすいトイレ砂は毎日交換しますが、床材は1/3残して2~3日に1回の交換にとどめましょう。

 

回し車などの飼育グッズをすべて外しての大掃除は、月1~2回が適切です。

ケージの洗い方について、詳しくは以下をご覧ください^^

 

参考記事:

ham-diary.com

 

そのほか、ケガをさせない、風邪をひかせないことも重要。

構いすぎや不適切な温度設定によるストレスにも気をつけてくださいね^^

 

治療は?

中耳・内耳は鼓膜の奥にあり、点耳薬は届かないため抗生物質の服薬が効果的です。

炎症がひどい場合は切開して膿を出すことも。

 

自宅でできるのは、栄養価が高いものを食べさせることです。

清潔かつ静かな環境でゆっくり休ませてあげましょう。

 

耳の腫瘍

耳に限らず、ハムスターの体にしこりができた場合は

☑ 膿瘍(のうよう)

☑ 血腫

☑ リンパ腫

が疑われます。

1つずつ見ていきましょう。

 

膿瘍(のうよう)

皮膚の下に膿が溜まる病気。

チーズのように、白くドロドロした乾酪状の膿が溜まります。

 

触るとコリコリしているのも特徴の1つです。

 

膿瘍は細菌感染が原因なので、日頃から衛生管理に気をつけましょう。

早期発見・早期治療で回復する病気なので、すぐに病院に連れて行ってくださいね^^

 

血腫

実はシナモンも経験したことがある血腫。

先ほどの膿瘍は膿が溜まる病気、血腫は血が溜まる現象です。

 

赤黒く腫れて、触るとブヨブヨしているのが特徴。

ペンだこや靴擦れのようなもので、いわゆる「おでき」です。

↑シナモンの実際の写真がこちら。

 

血腫は、外傷や内出血により血が溜まることが原因です。

 

ケガをさせないように金網や二階建てのケージは避け、段差は無くすなどケージ内のレイアウトにも気を配りましょう。

 

安全なケージの選び方とおすすめケージについては、以下の記事をご覧ください^^

 

参考記事:

ham-diary.com

 

そのほか、内臓疾患が原因で内出血し、そこが血腫になったり、ハム自身が毛づくろいの際に爪で傷つけてしまうこともあるでしょう。

 

血腫は、軽いものであれば自然治癒します。

炎症が重ければ消炎剤を投与したり、破裂しそうな大きさの血腫には切開手術も。

 

膿瘍、血腫、(後述する)リンパ腫の3つの正確な区別は病院の検査でしかできません。

自宅でできることはないので、すぐに病院へ行きましょう。

 

リンパ腫

リンパ球という血液細胞が腫瘍化したもので、悪性腫瘍に分類されます。

☑ 成長するしこり

☑ 体の表面に、かさぶたや脱毛

☑ 強いかゆみ、膿のニオイ

 

などの症状が特徴。

 

成長のスピードが速く、しこりがどんどん大きくなるにつれ、食欲低下や元気がなくなります。

リンパ腫は、はっきりと確定された原因がありません;;

 

ゴールデンハムスターに多く見られることから、遺伝的体質が影響している可能性はあります。

また1歳半を過ぎると特に増えるので、年齢による免疫力の低下も一因でしょう。

 

リンパ腫には「これ」といった予防策はないので、衛生管理と栄養管理を心がけ、ストレスをかけないことが大切。

 

なお、リンパ腫の治療は

☑ 手術

☑ 抗がん剤

☑ 免疫賦活剤(ふかつざい)

☑ 消炎剤

 

がありますが、その特性から「完治」は難しいとされています。

 

どの治療も“完治ではなく痛みを和らげるためのもの”になるので、よく考えて治療方針を決めましょう。

ハムスターが耳をかゆがる原因を知り、適切な処置をしよう!

今回のまとめです。

  • ハムが耳をかゆがるときは耳の病気と腫瘍の可能性がある
  • 外耳炎や中耳炎・内耳炎は細菌感染が原因
  • 耳のしこりには膿瘍、血腫、リンパ腫の3つがある
  • リンパ腫には具体的な予防策がない
  • どんな場合でも、衛生管理と栄養管理は大切

 

外耳炎、中耳炎・内耳炎をふせぐためには、こまめな掃除で清潔を保ちましょう。

また耳にしこりができた場合も、かゆみをともなうことがあります。

 

しこりの中でも膿瘍、血腫、リンパ腫と分かれているので、病院で正確な区別をしてもらい、それぞれに合った処置をしましょう。

 

なお、ストレスは万病のもと。

 

お世話は素早く済ませる、ふれあいタイムは短時間にするなど、ハムちゃんのペースを崩さないように心がけてみてくださいね^^

 

それではまた♪

皆さま、よい1日を☆

🐹「お読みいただきありがとうございました♡」

 

ハムスターの歩き方がおかしいとき考えられる病気、ケガ

こんにちは♪

 

飼っているハムスターの歩き方がおかしいとき。

それ、単に足のケガとは限りません(>_<)

 

もちろん捻挫や骨折である可能性も高いですが、意外な病気が潜んでいる場合も。

 

本記事では、ハムスターの歩き方がおかしいときに考えられる病気・ケガとして

  • 骨折・捻挫
  • 中耳炎・内耳炎
  • てんかん発作
  • 熱中症
  • そのほかの可能性
  • 老化

について解説していきます。

 

よたよた、ふらふらと歩く姿を見ると心配になりますし、早く何とかしてあげたいですよね;;

 

ハムスターの歩き方がおかしいのは何らかの異常がある証拠。

そのサインを見逃さずに、飼い主としてできる対処法について学んでいきましょう^^

 

 

ハムスターの歩き方がおかしいとき考えられる6つの原因

ハムスターがよたよた、ふらふらと歩いたり、足を引きずって歩く場合。

考えられる原因は主に

☑ 骨折・捻挫

☑ 中耳炎・内耳炎

☑ てんかん発作

☑ 熱中症

☑ その他の病気

☑ 老化

の6つです。

順番に見ていきましょう。

 

骨折・捻挫

活発なハムスターにとって、骨折や捻挫は珍しいことではありません。

一番多い骨折箇所は、膝の下の骨で、90%以上がこの部分で起こります。

 

次いで多いのが腿(もも)の骨。

骨折すると足が90度横を向いてしまったり、ギクシャクした歩き方になるのですぐに気がつくはずです。

 

これらの症状が見られたら、極力ハムスターに触れないことが肝心。

動き回って骨折箇所に負担をかけないよう、小さめのキャリーケースに入れて病院へ行きましょう。

 

骨折や捻挫の原因は、ほとんどが飼育環境によるものです。

ハムスターよじ登って落下しやすい金網ケージや二階建てのケージは避けたほうが無難。

 

また人が踏んづけてしまう、ドアに挟んでしまうなどの“人災”にも注意してください。

 

参考記事:

 

中耳炎・内耳炎

耳の疾患も可能性としてあげられます。

☑ ふらふら、よたよた歩く

☑ 足を引きずる

☑ しっぽをめがけてクルクル回る

☑ 耳から膿が出たり、ニオイがする

これらの症状は、細菌に感染して膿が溜まることによる中耳炎・内耳炎が原因。

 

膿が三半規管まで達すると平衡感覚に支障をきたし、歩き方がおかしくなります。

 

感染経路は主に、傷からの感染と不衛生な飼育環境による感染の2つです。

ハムスターにケガをさせないように普段から気を配りましょう。

 

風邪からも中耳炎は起こるので、風邪をひかないように衛生管理と栄養管理を徹底してください。

 

放っておいても治らないうえ、目や鼻に炎症が移ることもあるので早めに病院で診察を。

 

また、私たち素人による耳掃除はとても危険です(>_<)

むやみにハムスターの耳をいじるのはやめましょう。

 

てんかん発作

ハムスターもてんかん発作を起こすことがあります。

☑ 手足をぴん、と突っ張る

☑ 手足がビクビクと痙攣する

☑ 急に意識がなくなる

これらは、大脳の神経細胞の異常が原因で起こるてんかん発作によるもの。

 

突然おかしな行動をとるので飼い主さんは驚いてしまいますが、こんなとき抱き上げてはいけません。

 

発作は数分でおさまるので、落ち着いたら病院へ連れていきましょう。

動画を撮るなどして記録をつけておくと診察の際に役立ちます。

 

ただしてんかん発作は完治は難しいうえ、治療が不要な場合もあるので獣医さんに指示を仰いでください。

 

熱中症

ハムスターはもともと暑さが苦手なうえ、体が小さいため30℃を超えたら危険領域です。

☑ よろよろ歩く

☑ 呼吸が荒い

☑ 体が湿っている

そんな症状が現れたら、まずは応急処置を。

 

濡れタオルで体をくるむなどして体温を下げ、水分補給をします。

砂糖やはちみつを混ぜたぬるま湯、または常温の経口補水液がよいでしょう。

 

ただしハムちゃんが自力で飲めないときは、誤嚥するおそれがあるのでやめておいてください。

応急処置のあとは病院へ急ぎましょう。

 

その他の病気

上記の病気やケガ以外に可能性として否定できないのが

☑ 腸閉塞

☑ 腫瘍

☑ 細菌性呼吸器感染症

など。

これらはぐったりする、元気がない、動きが鈍いと感じることのほうが多いですが、よたよた歩くこともあり得ます。

 

内的な要因だと、ケガなどの外傷のようにわかりやすい形では現れてはくれません;;

それゆえ病気の判別が難しいですが、いずれにしても病院へ急いだほうがよいでしょう。

 

老化

元気があって食欲もある。

健康状態が良好なら、老化が原因かもしれません。

 

人間だって年老いたら、若い頃のようには歩けませんよね;;

20代の歩き方と80代の歩き方が同じなんてあり得ません。

 

一般的に、ゴールデンハムスターは2歳から、ドワーフハムスターは1歳半から“老齢期”と言われています。

 

いつ何があってもおかしくないと心得て、飼い主としてできる限りのことをしましょう。

 

ケージ内は回し車を外すなどして“バリアフリー”に。

やわらかく食べやすいものや好物を多めに与えて、のんびり過ごしてもらいましょう^^

 

想い出をたくさん作るのも大切。

少しでもおだやかでしあわせに暮らせるように見守ってあげてくださいね♪

ハムスターの歩き方がおかしいときは、いろいろな原因を疑ってみよう!

今回のまとめです。

  • ハムスターの歩き方がおかしいとき、単に足のケガとは限らない
  • 骨折、中耳炎、てんかん発作、熱中症は可能性が高い
  • 腸閉塞や腫瘍など様々な病気もあり得る
  • 老化すると足腰が弱って当たり前

 

このように歩き方1つでも様々な要因が考えられるので、注意深くハムスターを観察してみてください。

 

そのうえで必要に応じて病院に連れて行き、飼い主として精一杯のお世話をしてあげてくださいね^^

 

それではまた♪

皆さま、よい1日を☆

🐹「お読みいただきありがとうございました♡」

 

 

ハムスターの下痢は危険!原因と症状、治療について徹底解説

こんにちは♪

 

はじめてハムスターをお迎えしようとペットショップで選んでいたとき、私は店員さんにたずねました。

「ハムちゃんの健康管理で一番気をつけないといけないことはなんですか?」

 

すると「ハムスターで最も怖いのは下痢です」と返ってきて、それは衝撃を受けたものです(;'∀')

 

私たち人間だとあまりピンときませんが、ハムスターにとって下痢は命にかかわる危険な病。

症状がひどい場合は半日ほどで死に至ることもあります。

 

それだけハムスターの下痢には細心の注意を払わなければいけないのですが、1つ幸いなのは、飼い方次第で予防できる確率が高いということ。

 

本記事では

  • ハムスターの下痢の症状
  • 下痢を起こす4つの原因
  • 下痢になったときの応急処置
  • 日頃から意識したい予防策
  • 病院へ連れて行くときのポイント

を解説します。

 

ハムスターの下痢について正しく知り、愛ハムを怖い下痢から守りましょう!

 

ハムスターの下痢の症状

通常ハムスターのウンチは、米粒のような楕円形です。

こげ茶色で、適度な硬さもあるのが特徴。

 

しかし下痢になると

☑ 細くやわらかいウンチ

☑ 形が無く、ニオイも強いウンチ

☑ 非常に強いニオイをともなう、水状のウンチ

になります。

 

細くやわらかいウンチは軽度の下痢ですが、おしりやおなかが濡れる水状のウンチはウエットテイルと呼ばれ、大変危険な状態です(>_<)

 

ウエットテイルは脱水や栄養不足を引き起こし、最悪の場合は死に至ります。

急いで病院へ連れていきましょう!

ハムスターの下痢の原因

ハムスターの下痢には、いろいろな感染経路があり

☑ 水分や油分の多いフードの食べ過ぎ

☑ 食あたり

☑ 寄生虫、細菌、ウイルスに感染

☑ ストレス

の4つが主な原因です。

それぞれについて少し補足しましょう。

 

水分や油分の多いフードの食べ過ぎ

野菜や果物はビタミンミネラル、食物繊維が豊富で、ハムちゃんの食事にはぜひプラスしたいもの。

しかし水分が多いのも事実なので、与えすぎると下痢を引き起こします;;

 

またハムスターの大好物であるナッツ類も油分が多いため、食べ過ぎるとおなかがゆるくなる原因に。

 

ペレットと野菜の割合は8:2程度にし、果物は週1~2回のご褒美にとどめましょう。

 

ナッツ類はここぞというときのスペシャルおやつとして、大掃除のあとにあげるとハムちゃんも喜びます^^

 

野菜、果物、ナッツ類などのおやつのあげ方について、より詳しい内容は以下の記事をどうぞ♪

 

参考記事:

 

食あたり

人間が腐った食べ物を口にしておなかを壊すように、ハムスターも傷んだフードを食べると下痢になります。

 

エサを巣箱に隠していないか毎日のお世話で確認し、古いフードを見つけたらすぐに回収しましょう。

 

飲み水も意外と腐りやすいもの。

通常1日1回、夏場は2回、新鮮なお水と交換してくださいね^^

 

寄生虫、細菌、ウイルスに感染

不衛生な飼育環境による細菌やウイルスも原因に。

まれに寄生虫によって下痢を起こすこともあるでしょう。

 

この場合ウエットテイルであることが多く、ニオイも強烈で、ほかのケースよりも重篤です。

すぐに病院へ行くのはもちろん、普段からケージを清潔にすることを心がけましょう。

 

ケージの正しい洗い方・掃除方法については以下をご参照ください。

 

参考記事:


ストレス

環境変化などによるストレスも原因の1つ。

自律神経が狂ったり、免疫力が低下して体調不良につながります。

 

静かで落ち着ける環境作りをし、特にお迎え当初は構いすぎないように気をつけましょう!

ハムスターが下痢になったときの応急処置

ここからは、自宅での応急処置について解説します。

 

もちろん診察を急ぐケースもあるのですが、病院へ行くまでの間にできることとして念頭に置いておくと安心です^^

 

ほかのハムスターへの感染をふせぐ

複数飼育をしている場合は、ほかのハムスターと隔離しましょう。

細菌性やウイルス性の下痢は、別のハムちゃんにうつる可能性があるためです。

 

また下痢の子を第一優先に観察する意義もあります。

ケージを2つ3つと並べている方は、下痢の子のケージだけ遠いところに移動してくださいね^^

 

はちみつを与える

下痢のときでも、栄養をなるべく摂らせましょう。

人間と違って、体の小さなハムスターにはエネルギーの貯蔵分が無いためです(>_<)

 

こういうときは、水分が少なく栄養価が高いフードがベスト。

サツマイモやカボチャなどの根菜類は、体をあたためてくれるだけでなくビタミンも豊富なので最適です。

 

反対にキュウリやバナナなどの体を冷やす作用がある野菜と果物は避けてくださいね^^

 

食欲がない子には、はちみつがおすすめ!

ぬるま湯を小さじ1に、はちみつをほんの少量まぜて舐めさせます。

 

はちみつはエネルギーとして代謝されるのが早いのが特徴。

食後約20分で体に吸収されるので、胃腸への負担も軽くすみます。

 

下痢で失った水分と栄養をすばやく補うのなら、はちみつが有効です^^

 

温度を高めに設定する

免疫力が低下していると、体温維持も難しくなります。

ハムスターの適温は通常20~26℃ですが、下痢のときはやや高めの25℃前後にしましょう。

 

ケージを清潔にする

下痢のときはウンチがいたるところに付着するので、いつもより丁寧に掃除をして下痢の悪化をふせぎましょう。

 

またウエットテイルの場合は、濡れた部分が脱毛したり、かぶれる心配も。

やわらかい布で、おしりやおなかの汚れをやさしくふいてあげてくださいね^^

ハムスターの下痢の予防

ハムスターの下痢は命にもかかわる危険な状態。

何はともあれ、下痢にならないように予防するのが一番です。

 

予防策として、まずは適切な飼育環境を保ちましょう。

病原菌が発生しないように、エサや水、またケージ内の衛生に注意を払ってください。

 

傷んだフードはすぐに回収し、新鮮な常温の水を常に用意してあげましょう^^

 

加えて、日頃からビフィズス菌などを与えておなかの菌を強化するほか、ストレスがたまらない環境作りも大切です。

 

腸内環境 ハムちゃんぴゅ~れ 鶏ささみ&コーン

我が家のシナモンも大好き!

鶏ささみとコーンの組み合わせがおいしいピューレです^^

 

ビフィズス菌はもちろん、複数の乳酸菌が配合され、腸内フローラ(腸内細菌の集まり)を整えます。

 

食いつきもすごくよくて、夢中で食べてる姿にほっこり^^

たんぱく質もプラスできるうえ、食べきりサイズの個包装なのも魅力♪

≪「腸活生活 ハムちゃんぴゅ~れ 鶏ささみ&コーン」を楽天で見る

ハムスターの下痢の治療

自宅療養で治らない場合や、軽度の下痢ではなく重篤なケースでは、必ず病院へ行きましょう。

この章では

☑ 病院でおこなう下痢の治療

☑ 下痢のハムスターを病院へ連れて行くときのポイント

をまとめました。

 

病院でおこなう下痢の治療

病院では飼育環境の聴取と糞便検査で原因を特定し、その原因に対して治療を行います。

 

薬は抗生物質や栄養剤が主流です。

重篤な場合には、下痢止めや点滴を用いることも。

 

軽度の下痢では自宅で回復する可能性もありますが、ひどい場合、特にウエットテイルの状態は深刻です。

 

体が小さいだけにどんどん進行し、48時間以内に残念ながら死亡することがほとんど。

早いと半日で…ということもあり得ます。

 

危険なときは一刻の猶予も許されないので、早急に病院へ行きましょう。

 

下痢のハムスターを病院に連れて行くときのポイント

なるべくハムスターに負担をかけないよう、車での移動がベストです。

朝方や夜など冷え込む時間は避けましょう。

 

ケージ、またはキャリーケースにはカイロを貼って防寒するのがおすすめ。

必ずカバンなどに入れるようにし、さらに上から毛布をかけると冷気が入るのをふせげます。

 

また糞便検査に備えてウンチも持参しましょう。

 

なるべく新鮮なウンチをラップにくるみ、ギリギリまで冷蔵庫で保管しておいたものを持っていってください。

獣医さん曰く、この方法が最も検査の精度が上がるそうです。

 

なお普段の飼育環境は詳細に伝えましょう。

☑ エサの内容と量

☑ 掃除の仕方

☑ ケージの置き場所や騒音がないか

☑ 下痢の症状が出たときのこと

などを、時系列にそってわかりやすく説明できるように準備しておいてくださいね^^

 

ハムスターを複数飼育している場合はそのことも伝え、ほかのハムの予防薬も出してもらえるか確認すると安心です。

ハムスターの下痢を正しく理解して、予防と対策を徹底しよう!

今回のまとめです。

  • ハムスターの下痢は死亡率が高く、恐ろしい病気
  • 下痢のときはケージの温度を25℃前後と高めに設定する
  • 水分が少なく栄養価が高いものを食べさせる
  • どうしても食欲がない子には、はちみつが有効
  • 病院へは防寒をして、新鮮なウンチを持参しよう

 

ハムスターの下痢の原因は、水分が多いフードの食べ過ぎや、食あたり、細菌感染、ストレスなど様々です。

 

予防策として日頃からエサ、水、ケージ内の衛生に配慮し、水分や油分が多いフードを与えすぎないように注意しましょう。

 

栄養バランスのよい食事でおなかの健康維持をサポートすることも大切。

愛ハムを怖い下痢から守るためにも、正しい知識をつけて適切な飼育に努めましょう^^

 

それではまた♪

皆さま、よい1日を☆

🐹「お読みいただきありがとうございました♡」

 

 

ハムスターが薬を飲まない時どうする?正しい薬の飲ませ方について

こんにちは♪

 

10月頃のこと、シナモン(我が家のジャンガリアンハムスター)が風邪をひいてしまい。

その風邪をこじらせ、長期のお薬生活を余儀なくされました;;

 

今までも何度か病気になったことがあるのですが、ハムスターに薬を飲ませるのって大変ですよね(>_<)

 

飲み薬でも目薬でもコツが必要なときがあったり、なかには「そもそも基本の薬の飲ませ方がわからない」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

くわえて、暴れるほど薬を嫌がるハムちゃんの場合は、飼い主さんも疲弊してしまうことでしょう;;

 

しかし病気を治して回復するには、もらったお薬をしっかり投薬することが不可欠です。

 

本記事では

  • 飲み薬の基本の飲ませ方
  • ハムスターが飲まない、嫌がる場合の対策
  • 目薬の正しいさし方、塗り方
  • 病院でもらうハムスターの薬の種類

について解説します。

 

薬の種類を知っておくと飲ませるときも安心です^^

ハムスターを飼育するにあたり役立つ知識なので、ぜひ念頭においておきましょう♪

 

ハムスターへの薬の飲ませ方

飲み薬は、シリンジ(注射ポンプ式)とボトルがありますが、飲ませ方は基本的に一緒です。

 

飲み口をハムスターの口の横から差し込んで、ゆるやかにたらしましょう。

このとき、あまり奥まで薬を入れると気管につまるおそれがあるので注意してください。

 

無理に口に入れなくても、スプーンや人の手にたらして舐めさせてもオッケーです。

ハムちゃんが飲みやすく、飼い主さんもやりやすい方法で飲ませましょう。

 

また1日のほとんどを寝て過ごすハムスターに、毎日決まった時間に投薬するのは難しいですよね(>_<)

 

例えば1日2回飲ませるとき。

この場合きっちり12時間ごとでなくてもよいので、ある程度あいだを空けて投薬しましょう!

ハムスターが薬を飲まないときの対策

薬自体を甘く味付けして処方してくれる動物病院が多いので、薬なのにむしろすすんで飲むハムちゃんもいるでしょう。

 

しかし薬が苦い場合は、どうしても嫌がったり、飲まない子もいます。

薬だけで摂取できるのが一番ですが、どうしても難しいときの対策をご紹介します。

 

はちみつなどの甘いものと混ぜる

はちみつ、メープルシロップ、甜菜シロップなどの甘いものと混ぜて飲ませる方法です。

言わずもがな、甘くておいしくなるので効果バツグン。

ただし、これらの甘味料は純度100%のものにしてくださいね(*ˊ˘ˋ*)

 

すりおろした野菜と混ぜる

キャベツやニンジンなどの野菜をすりおろしたものと混ぜて飲ませます。

野菜はなんでもよいですが、甘みのある野菜のほうが薬を飲ませやすいでしょう。

 

フリーズドライの野菜や豆腐に染み込ませる

フリーズドライのカボチャやニンジン、豆腐に染み込ませるのも一案です。

ハムスター用の副菜やおやつとして市販されているので、普段から食べなれさせておくと安心。

 

ただし残されてしまうとダメなので、食べきれる大きさにして染み込ませてくださいね^^

 

蒸したさつまいもと混ぜる

ハムスターの食欲が増すのは、やわらかくて食べやすいものや、香りのよいもの。

 

蒸したさつまいもなら、その両方を兼ね備えているのでかなり有効でしょう♪

同じ理由で、お湯でふやかしたペレット団子もおすすめです。

 

ただし、普通のペレットより水分を含んでいるぶん傷みやすいのが難点。

食べきれそうな量だけ作り、食べ残しはすぐ回収してくださいね^^

 

実際に試して有効だった市販品

実際にシナモンの薬を飲ませるときに反応がよかった市販品をご紹介します♪

 

小動物おやつ みにぴゅーれ 無添加ピュア 御当地セレクト

国産、無添加で安心の小動物用ピューレ。

もちろん、ハムちゃんにもオッケーです☆

出してすぐに食べさせられて、保存もきくのが嬉しいポイント。

これは京都産の“京くれない”というニンジン。

ほかにも北海道産とうもろこしや、鹿児島産安納芋の3種セットです♪

 

 

腸活生活 ハムちゃんぴゅ~れ 鶏ささみ&コーン

ハム界でもファンの多い(?)嗜好性バツグンのピューレ。

鶏ささみとコーンのおいしい組み合わせ♪

 

複数の乳酸菌とビフィズス菌が配合され、腸内フローラを整えます。

消化吸収を助けるなど、ハムちゃんのおなかにやさしく寄り添い、健康維持をサポート☆

 

フリーズドライ お豆腐スティック

普段からおすすめしているおやつの1つ、乾燥豆腐です。

たんぱく質をプラスするのにも便利で、なにより好んで食べるハムちゃんが多い^^

薬を染み込ませてどうぞ♪

 

ちなみに、バナナなどの南国のフルーツや、キュウリなど夏が旬の食べ物は「体を冷やす」作用があることも。

病中の食事としてはあまり好ましくないので、それらの野菜や果物はなるべく避けましょう^^

ハムスターへの目薬のさし方

結膜炎など目の病気にかかったときは、目薬を処方されることも。

目薬って、人間の子どもにさす場合でも怖いものがあります(>_<)

 

ここからは点眼タイプと軟膏タイプ、2つの目薬について解説しましょう。

正しい目薬のさし方を覚えておき、慎重におこなってくださいね^^

 

点眼タイプ

点眼タイプは、ハムちゃんがごはんに集中している瞬間がチャンス。

エサに夢中になっている間におこないましょう。

目にポタっとたらし、薬がしみ込んだら周りをふいてください。

 

軟膏タイプ

軟膏を少量を手にとります。

そのままハムちゃんの目の周りを優しく触れると自然と目をとじるので、その隙に力を入れずにトントンとのせましょう。

 

点眼タイプより、軟膏タイプのほうが苦手だと感じる方が多いかもしれません(>_<)

 

あばれるときは、危ないのでハムちゃんの体を固定しましょう。

タオルでくるむとハムスターも落ち着きやすく、飼い主さんも怖くないはずです^^

病院でもらうハムスターの薬の種類

ハムスターの薬で処方されるのは、主に次の3種類。

☑ 抗生物質

☑ ビタミン剤

☑ 整腸剤

です。

安心してハムちゃんに飲ませられるよう、それぞれの役割や特性について把握しておきましょう!

 

抗生物質

重い風邪や骨折、化膿の症状が見られたときなどに処方される薬です。

 

副作用として下痢を引き起こしてしまう場合がありますが、そういうときはヨーグルトなどの乳酸菌を与えると効果的。

 

ちなみにハムちゃんはこの抗生物質に弱いと言われています。

 

間違ったものを与えると返って体調の低下につながることも(>_<)

犬、猫だけでなく、しっかりとハムスターを診察できる病院にかかりましょう!

 

ビタミン剤

栄養不足が原因の皮膚炎や脱毛病などによく使われます。

また風邪やそのほかの病気でも、体力補強の目的で用いられることも。

 

人間も風邪のときはビタミンを積極的に摂ったりしますよね^^

ビタミンはハムちゃんにも効果的なのです。

 

整腸剤

腸内細菌のバランスを整え、下痢の抑制に効果があります。

ただ、ハムスターにとって下痢は命にかかわる状態です(>_<)

 

症状がひどかったり、かなり重篤な場合は下痢止めや点滴投与の可能性も。

ハムちゃんのウンチを日頃から観察し、軟便の段階ですぐに病院へ連れていきましょう。

正しい薬の飲ませ方を知り、ハムスターの治療に努めよう

今回のまとめです。

  • 飲み薬は口の横からゆるやかにたらし、口の奥まで入れない
  • スプーンや手に出して舐めさせてもよい
  • 嫌がる場合は、はちみつなどのおいしいものと混ぜよう
  • 目薬をさすときは慎重に、暴れるときはタオルで固定する
  • ハムスターの飲み薬は主に抗生物質、ビタミン剤、整腸剤の3つ

 

また、ハムスターのように1日の大半を寝て過ごす動物には、決まった時間に薬を飲ませるのが大変なときもあります(>_<)

 

1日2回の薬なら、12時間きっちりでなくてもよいので、ある程度の時間を空けて飲ませましょう。

 

目薬は軟膏タイプが特に難しいですが、ハムちゃんの目の周りに優しく触れると自然と目をとじるので、その隙に塗るのがコツ。

 

病気で苦しそうなハムちゃんを見ているのは、飼い主さんとしても辛いもの。

 

ペットに薬を与えるのは簡単なことではありませんが、1日も早く元気を取り戻せるように治療をがんばりましょう^^

 

それではまた♪

皆さま、よい1日を☆

🐹「お読みいただきありがとうございました♡」