しあわせハムDiary

かわいいハムスターとの楽しい暮らしのガイド

ハムスターを可愛く撮るコツは?スマホを使った写真の撮り方をご紹介

今日は、ずっと書きたくてたまらなかった内容😹✨

 

「ハムスターの写真を可愛く撮るコツ」をご紹介します。

 

SNSなどで見かける素敵なハム写真は、一眼レフで撮影されているものも多いですよね^^

 

しかし私は「憧れ」を持ちつつ、一眼レフを持っていません( ;∀;)

 

何で撮っているかというと、iPhoneです。

iPhoneでも結構キレイに撮れるものなんですよ~!

 

今回はiPhoneでハムスターを撮るときの「タイミングの選び方」や「おすすめの撮影機能」などをまとめてみました。

 

またiPhoneに限らず、撮った写真を編集するポイントや、ハムちゃんを撮影するときの注意点も解説しています。

 

愛ハムの可愛い姿は一瞬です。

美しく写真におさめて、一生「カタチ」に残しましょう。

 

わが家のハム紹介

参考までに、撮影しているハムたちをご紹介しますね。

 

①シナモン(ジャンガリアンハムスター♀)

f:id:cinnamon_blog:20230302214220j:image

 

②ジル&ココ(ロボロフスキーハムスター♀)

f:id:cinnamon_blog:20230302214315j:image

シナモンは物怖じせず、おっとりマイペース。

つまり写真が撮りやすい子です。

 

ジル&ココは、とにかく動きが素早い!

 

おまけに飼い主にも慣れていないので、ケージ外での撮影はほぼ不可能です ^^;

 

こんな性格が異なるハムたち3匹を撮っています。

使用機材

使用しているスマホの機種は、iPhone 12 Pro Maxです。

 

1200万画素の高角・超広角レンズにくわえ、望遠レンズも備わった3眼カメラがついています。

 

私は写真にくわしくないのですが、「カメラ好き、写真好き」の友人からすると、iPhone 12 Pro Maxはかなりカメラ機能が優れているそう。

 

値段は高いけれど、「これだけキレイに撮れるなら惜しくない!」と太鼓判を押していました。

 

補足すると、iPhoneカメラが得意とするのは次の3つです。

  • 写真全体をくっきり写すこと(背景がぼけにくい)
  • 被写体に近づいての撮影
  • 狭いところや、ローアングル撮影

 

また以前のiPhoneは「暗いところでの撮影」が苦手だったようですが、iPhone 12 Pro Maxは高感度での撮影が得意。

 

暗所でもキレイに撮れますよ^^

ハムスターの写真の撮り方【タイミング編】

ハムちゃんの撮影に適したタイミングは、次の3つです。

  • 昼間(なるべく明るいところ)
  • 食べているとき
  • 寝ているとき

順番に見ていきましょう。

 

昼間(なるべく明るいところ)

できるだけ明るいところで撮影しましょう。

 

暗いとシャッタースピードが落ち、撮りづらくなってしまうためです。

 

一番よいのは、晴れた日の昼間。

 

夜に撮る場合でも、なるべく明るい部屋に移動するほうがベターです。

 

とはいえ、昼間でも「曇りや雨」なら部屋の中は暗くなりがちですよね。

 

夜は夜で「電気をつけても何だか暗い」なんてことも ^^;

 

そんなときおすすめなのが、スマホに取り付けられるLEDライトです。

スマホ本体につけるだけで、簡単に光量を増やせます。

 

ハムちゃんに限らず、暗い場所での撮影に便利ですよ^^

 

食べているとき

これが一番、飼い主さんも落ち着いて撮影できるはず。

 

よい角度も探しやすいですし、しっかりピントを合わせて撮れますよね。

 

ちなみにハムスターに限らず、スマホで写真を撮るときは「ピントを合わせる」ことが大切。

 

被写体が写っているところを長押しすると、ピントが合います。

 

必ず、ハムちゃんに焦点を合わせてから撮影してくださいね。

 

寝ているとき

ハムちゃんは寝顔も可愛いもの。

 

お迎えしたばかりだとなかなか難しいかもしれませんが、環境に慣れてくると「野良寝(のらね)」もよく見せてくれます。

f:id:cinnamon_blog:20230302214940j:image

 

食べているとき同様、慌てず撮れるのが嬉しいですよね。

 

巣箱の外でスヤスヤ…なんて瞬間があったら、急いでスマホを用意!

キュートな寝顔を激写してください。

ハムスターの写真の撮り方【おすすめの撮影機能】

 

iPhoneでハムちゃんを撮る際、おすすめの撮影機能が2つあります。

 

まず「ポートレート」です。

f:id:cinnamon_blog:20230302215025j:image

こんな風に「被写体と背景の距離」が十分にあるときは、ポートレートがイチオシ。

 

すごく雰囲気が出て、キレイに撮れますよ^^

 

次に「LIVEモード」です。

 

LIVEモードとは、静止画の前後1.5秒を撮影できる機能。

f:id:cinnamon_blog:20230302215052j:image

 

このように、撮った写真を細切れで見ることができます。

 

あとはベストショットを選んで、「キー写真に設定」するだけ。

 

動きが素早いハムちゃんを撮るには、とても優れた機能です。

 

さらにLIVEモードは、シャッター音がしないのも特徴。

 

少しは音がしますが、カシャ!ではなく、ピロリン♪と小さく鳴るだけ。

 

結構シャッター音に驚くペットちゃんも多いので、これも有難いポイントです。

ハムスターの写真の撮り方【編集でいい感じにする】

ハムちゃん写真を素敵に仕上げるには、編集も大切。

 

👇今日は例として、この写真を編集していきます。

f:id:cinnamon_blog:20230302215127j:image

 

私の普段のやり方は以下のとおりです。

 

①トリミング

f:id:cinnamon_blog:20230302215158j:image

 

トリミングとは、写真の一部を切り取ること。

 

「可愛く撮れたのに背景がなぁ…」というときは、余計な部分をトリミングしてみましょう。

 

切り取る位置で写真の印象はかなり変わります。

 

また写真を回転させて、違った雰囲気を楽しむのもおすすめ。

 

②ベストショットを選び、キー写真に設定

f:id:cinnamon_blog:20230302215052j:image

 

これは、それぞれお好きな瞬間を選んでください。

 

私は「両手を顔の前でそろえている瞬間」がよかったので、こちらにしました。

 

③明るさを調整

f:id:cinnamon_blog:20230302215306j:image

 

明るさを調整します。

 

だいたい元画像よりも明るくすることが多いです。

 

④コントラストを調整

f:id:cinnamon_blog:20230302215326j:image

 

コントラストは、上げると明暗がはっきりし、下げるとぼんやりした色調になります。

 

私はハムちゃんのふんわり感を伝えたいので、いつも下げることが多いです。

 

⑤彩度を調整

f:id:cinnamon_blog:20230302215701j:image

 

彩度とは、色の鮮やかさ。

 

彩度をプラスすると鮮やかに、下げるとセピア~モノクロ調になります。

 

これは、写真の雰囲気に合わせて変えることが多いです。

 

できあがり☆彡.。

f:id:cinnamon_blog:20230302215744j:image

 

という感じで、必ず調整するのはこの5つくらい。

 

まれに「暖かみ」を調整することもあります。

 

たとえば、オレンジがかった照明の下で撮影すると、「やけに赤っぽくてイマイチ…」なんてことがありませんか?

 

そんなときは「暖かみ」を右にスライドしてみてください。

 

すると寒色がプラスされて、赤っぽさが気にならなくなります。

 

反対に左にスライドすると、暖色が足されて暖かな印象に。

 

ほかにも機能がたくさんあるので、いろいろ試してみると新たな発見があるかもしれません。

ハムスターの写真の撮り方【さらに可愛く撮るコツ】

愛ハムをより可愛く撮影するには、6つのポイントがあります。

 

  • アングル・画角を変えてみる
  • ハム帽子をかぶせる
  • おやつをあげる
  • 道具を使う
  • 触れ合いタイムを撮る
  • 加工する

順番に補足しましょう。

 

アングル・画角を変えてみる

「いつも同じような写真になってしまう…」というときは、アングル・画角を変えてみましょう。

 

たとえば上から撮ると、ハムちゃんの全体像が見えて愛らしさアップ。

f:id:cinnamon_blog:20230302223641j:image

 

やや下からのアングルは、鼻のω←ココが可愛い。

f:id:cinnamon_blog:20230302220104j:image

 

横から撮ると伸び~!をしているところが撮れたり。

f:id:cinnamon_blog:20230302220151j:image

 

いろいろな表情の写真が楽しめます。

 

あと、忘れちゃいけないハムケツ。

うしろから撮ってみましょう。

f:id:cinnamon_blog:20230302223725j:image

 

ときには「引き」で撮るのもおすすめ。

 

巣箱やら食器やらが写りこんでいると、ハムちゃんの小ささがよく伝わって可愛いですよ^^

f:id:cinnamon_blog:20230302220318j:image

 

逆に超どアップで撮影するのも面白いかもしれません。

 

いろいろな角度、距離を試してみてくださいね。

 

ハム帽子をかぶせる

ハムちゃん用の帽子は鉄板の可愛さです。

f:id:cinnamon_blog:20230302220447j:image

 

ハムちゃん帽子は、minnneやcreemaなどのハンドメイドのお店で購入できます。

 

こちらのトナカイ帽子は、やわりここちさんの素敵な作品。

https://minne.com/@yawariko0214👈

 

こんなにミニサイズなのに繊細な作りで、作家さんの器用さに毎回感動です( ;∀;)

 

たくさんのハム帽子が出品されているので、お気に入りを探してみてください。

 

おやつをあげる

ときには、面白いおやつも有効です。

 

こちらは「ハームクーヘン」を食べるシナモン。

f:id:cinnamon_blog:20230302220615j:image

 

「#ハームクーヘン」とタグ付けしてSNSにアップしたい可愛さです( ;∀;)

 

こういったユニークなおやつと撮ると、手軽にオシャレな1枚に仕上がるのでおすすめですよ♪

 

ただしおやつの与えすぎは、肥満や様々な病気の原因にもなります。

 

あくまでも少量を、週1~2回程度にとどめましょう。

 

道具を使う

身近なアイテムや、食材を使って撮影するのもおすすめです。

 

たとえばキッチンペーパーの芯。

f:id:cinnamon_blog:20230302220723j:image

 

ハムスターは狭いところが好きなので、穴があると潜ってくれる可能性大です。

 

にゅっ!と出てくる姿は、100点満点の愛らしさ。

 

このキウイフルーツも、Twitterでご好評いただけました。
f:id:cinnamon_blog:20230302220720j:image

 

「新種のキウイフルーツ」のつもりで撮ってみましょう。

 

ただしハムちゃんが痛くないよう、シールの粘着は弱めてから貼ってくださいね。

 

 

それからイチゴ。

f:id:cinnamon_blog:20230302220716j:image

 

よく洗って水気をふき取ったヘタを頭に乗せて。

 

河童みたいだけど、なかなか好きな写真です。

 

こんな感じで道具を使うと、写真のバリエーションが広がります。

 

おうちにあるアイテムで、ぜひ試してみてくださいね。

 

触れ合いタイムを撮る

飼い主さんに慣れた子であれば、触れ合いタイムも撮りたいところ。

 

手に乗せたり、抱っこしている様子は、ハムちゃんのふんわり感が伝わりますよ^^

f:id:cinnamon_blog:20230302221224j:image

 

加工する

最後は、とっておきの1枚に仕上がる「加工」のやり方について‪。

 

これはシナモンが一人二役で「ジューンブライド」を演じたときの写真です。

f:id:cinnamon_blog:20230302220354j:image

 

手順はとっても簡単!

  1. 男の子と女の子、両方の写真を撮ります。
  2. どちらか一方を「背景透明化」でくり抜きます。
  3. Perfect Image」にて、②の写真を追加します。
  4. 文字やスタンプを入れて完成☆彡.。

 

アプリを使うとすごく簡単に編集できちゃいます♪

 

いろいろなバージョンで、可愛い写真を加工してみてくださいね。

ハムスターの写真を撮るときの注意点

ハムちゃんの写真を撮るときに気を付けたいことがあります。

 

それは、ストレスをなるべく与えないこと。

 

ハムちゃんによって性格が違いますが、たとえばわが家の場合、シナモンは触れ合いOKです。

 

が、ジル&ココはまったくダメ( ;∀;)

 

環境には十分慣れてくれているのですが、飼い主に慣れていないのかもしれません。

 

もしくは「そういう性格」ということもあり得ます。

 

また、慣れている子でも、時間や頻度には注意が必要。

 

ハムスターは夜行性なので、昼間の寝ている時間帯に無理やり起こすのはNGです。

 

さらにハムちゃんは人間の約6倍の時間軸を持っているといわれているため、5分触ったら「30分くらい」経ったのと同じように感じます。

 

ほんの少しの触れ合いでも、ハムちゃんには長い時間だということを忘れないようにしましょう。

 

いずれにせよ、無理強いしないことが大切です。

 

ハムちゃんのペースに合わせて、撮影をおこなってくださいね。

ハムスターの写真を可愛く撮って、思い出に残そう!

ハムちゃんを可愛く撮る秘訣を、私なりにご紹介しました。

 

今回はiPhoneでの撮り方がメインでしたが、使用グッズやアイデアに関しては「android」や普通のカメラでも使っていただけると思います。

 

ハムスターの写真を撮っていると、いつの間にか仲良くなれたり、知らなかった可愛さを発見できるのも醍醐味です。

 

写真を通して「ハムライフ」がより充実したものになることは間違いありません!

 

ぜひ、ここでお伝えした方法で愛ハムちゃんの素敵な写真を撮ってみてくださいね。

 

それでは♪

お読みいただきありがとうございました♡