しあわせハムDiary

かわいいハムスターとの楽しい暮らしの記録

ハムスター 毛が抜けて赤いのは【皮膚炎】かも!原因と治療

こんにちは♪

 

「ハムスターの毛が抜けている」「いつも痒そうにしている」

もしかすると皮膚炎の可能性があります。

すごくかわいそうで、早く治してあげたい!と思いますよね。

 

皮膚炎は放っておいても治らないので、病院へ連れて行って適切に処置してもらう必要があります。

 

また皮膚炎はハムスターに多い病気なので、これからハムスターをお迎えするよ!という方も、知識として頭に入れておくと役立つはずです^^

 

今回はハムスターの皮膚炎について、原因や治療法を解説していきます。

 

 

皮膚炎はハムスターに多い病気

ハムスターは皮膚炎にかかりやすい動物です。

何らかの原因で皮膚炎にかかると、赤み、痒み、脱毛、ただれ、フケなどの症状を引き起こします。

 

皮膚炎は主に「ニキビダニ症」「アレルギー性皮膚炎」「細菌性皮膚炎」の3つがあり、それぞれ違う原因があります。詳しく見ていきましょう。

 

ニキビダニ症

ニキビダニ症とは、ニキビダニというダニが毛包(毛の根本を包む部分)に寄生することで起こります。

毛包虫、アカラスとも言います。

 

ニキビダニ症は、ハムスターの免疫力が落ちているとなりやすいもの。

私たち人間もそうですが、免疫力が落ちると風邪をひきやすくなったりしますよね。

 

症状は?

背中から腰、お尻にかけて毛が薄くなります。あまり痒がりません。

治療は?

駆虫剤を投与します。

予防は?

ストレスは免疫力を低下させます。

適切な飼育環境、食事、接し方を心がけましょう。

 

アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎は、針葉樹のウッドチップ、ウッドチップについたダニやカビなどをはじめ、アレルギーの原因となるものに触れたり、食べたりすることで起こります。

 

症状は?

アレルギー反応が出やすいことで知られている針葉樹のウッドチップ。

もしウッドチップが原因であれば、よく接触しやすいお腹の毛が抜けたり、皮膚が赤くなります。

痒がります。

治療は?

アレルギーの原因を取り除くことが根本的な解決になります。

一般的には床材を変えることが多いでしょう。

体をかいて傷ができていたりしたら、抗生物質を投与することもあります。

予防は?

アレルギーの原因になるものを使わないようにします。

 

細菌性皮膚炎

細菌性皮膚炎はオシッコで濡れたままになっている床材など、じめじめと汚れた場所でかかりやすい細菌感染症です。

症状は?

皮膚が赤くなり、ただれたりします。

かゆがります。

治療は?

飼育環境を衛生的にするとともに、抗生物質を投与します。

予防は?

ケージ内を衛生的に保ちましょう。

 

【実体験】ハムスターの細菌性皮膚炎が治るまで

我が家で飼っているジャンガリアンハムスターも、細菌性皮膚炎にかかったことがあります。

 

もともとトイレ容器を置いても使ってくれず、いつも巣箱の中の決まった場所でオシッコをしていたので、それが原因だったようです。

 

このようにおなかの毛が抜けたり…

前足も脱毛してしまいました(>_<)

 
※ちなみにジャンガリアンハムスターは足にも毛が生えていますが、ゴールデンハムスターは生えていません^^
 
結果的には
  • 抗生物質を投与する
  • トイレを覚えてもらい、飼育環境を衛生的にする
この2つの治療方針で無事に完治しました。
 

こちらがトイレでオシッコしている様子。

 

参考記事:

ham-diary.com

 

このようにハムスターの皮膚炎は適切に対処すれば治ります。

早めに病院へ連れて行ってあげましょう。

 

病院&家でもできる対策でハムスターの皮膚炎を治そう!

ハムスターは皮膚炎にかかりやすい動物です。

 

皮膚炎と言っても「ニキビダニ症」「アレルギー性皮膚炎」「細菌性皮膚炎」と3種類あります。

 

それぞれ原因も治療も違うので、病院に連れて行き、適切な対処をしてもらいましょう。

ケージを清潔にしたり、トイレトレーニングすることで解決する場合もあるので【ハムスターの飼育環境】にも目を向けてみてくださいね^^

 

 

それではまた♪

皆さま、良い一日を☆

🐹「お読みいただきありがとうございました♡」

にほんブログ村 ハムスターブログへ
にほんブログ村