しあわせハムDiary

かわいいハムスターとの楽しい暮らしのガイド

ハムスターの毛色はなぜ変わる?ジャンガリアンが白くなる現象も解説

うちで飼っているジャンガリアンハムスターのシナモン。

 

ショップでプティングイエローの子をお迎えしたはずなのですが、いつの間にか「真っ白」にΣ(・ω・ノ)ノ!

 

同じように「飼いハムの毛色が突然変わった」という経験をされた方は、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回はジャンガリアンハムスターの毛色が変わる理由として

  • 換毛期
  • 遺伝
  • 老化

の3つの可能性をお話します。

 

「ハムちゃんの生態」についてわかる内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

 

ハムスターの毛色が変わる3つの理由

冒頭で触れたとおり、ハムちゃんの毛色が変わる理由は

  • 換毛期
  • 遺伝
  • 老化

の3つが考えられます。

 

順番に見ていきましょう。

 

換毛期

ジャンガリアンハムスターは別名ウィンターホワイトハムスターともよばれ、その名の通り、冬になると毛が白くなることがあります。

 

野生のジャンガリアンハムスターが住むのは、ロシアなどの積雪地帯。

 

冬になると雪が積もって一面真っ白になりますよね。

 

その中で敵から身を隠すには、雪と同じ色=白になるのが最善策というわけです。

ハムちゃんすごい!

 

ただし気温や日照時間が一定に保たれている飼いハムは、季節の変化に鈍いため、野生よりは換毛しにくいといえます。

 

またこのタイプでは、夏になると元の毛色に戻るのが特徴です^^

 

遺伝

以前SNSで「お迎え時にプティングイエローだった飼いハムちゃんが、ブルーサファイアに変わった」という事例を見たことがあります。

 

しかも元の色に戻ることはなく、ずっとブルーサファイアのままだったそう。

 

これは“遺伝”の影響が考えられます。

(我が家のシナモンも、これに当てはまる)

 

父親と母親の毛色が異なる場合、子ハム時代は両方の毛色が混ざり合うことが多いもの。

 

しかし成長につれて、どちらか一方の毛色に変化することがあるのです。

 

人間も、ある程度大きくなってからのほうが“パパ似”、“ママ似”が分かりやすいので、同じようなものかもしれませんね♪

 

老化

高齢のハムスターの場合、換毛でも遺伝でもなく、毛色が白くなることがあります。

 

これは私たちでいう「白髪」と一緒。

 

おじいちゃんハム、おばあちゃんハムとして労わってあげましょう。

 

ちなみにゴールデンハムスターなら2歳、ドワーフハムスターなら1歳半からシニア期に入ります。

 

ケージ内のレイアウトをバリアフリー化する、高齢ハムも食べやすい食事にするなど、必要に応じて環境を整えてくださいね。

 

参考記事:

 

 

なお、毛が生え変わるだけでなく

  • 長引く脱毛
  • かゆみや赤み

などの症状が見られたら、皮膚炎の可能性大。

 

早めに病院へ行きましょう。

 

以下の記事では、ハムスターの皮膚炎についてくわしくまとめています。

 

ジャンガリアンハムスターは「冬毛」で白くなることがある

飼いハムの毛色が急に変わった場合

 

  • 換毛期で冬毛に生え変わった
  • 遺伝の影響で毛色が変わった
  • 老化(人間でいう白髪)

の3つの可能性が考えられます。

 

それぞれについてポイントをまとめると、以下のとおりです。

 

  • ジャンガリアンハムスターは冬になると毛が真っ白になること(=換毛期)がある
  • 飼育下では気温や日照時間が一定なので、換毛することは珍しい
  • 異なる毛色の両親の間に生まれると、成長の過程で毛色が変化することがある
  • 老化によっても毛が白くなることがある
  • 長引く脱毛は、皮膚炎の可能性もあるので注意が必要

 

皮膚炎はハムスターに多い病気の1つなので、おかしいなと思ったら早めに病気に行きましょう。

 

ジャンガリアンハムスターの冬毛は、とってもキレイだそうですよ~!

見られた方は写真におさめてみてくださいね^^

 

なお以下のページでは、ハムスターの雑学や生態についてまとめています。

 

よければ一緒に参考にしてみてください♪

 

 

それでは^^

お読みいただきありがとうございました♡