しあわせハムDiary

かわいいハムスターとの楽しい暮らしの記録

ハムスターのお迎え!初日から1週間の注意点&お世話ポイント

こんにちは♪

 

ハムスターをお迎えする初日。

ついにこの日が来たかと、ワクワクドキドキしますよね^^

 

でも飼い始め、特に初日~1週間のお世話は注意が必要なのです。

 

この期間に誤った対応をしてしまうと

☑ ハムちゃんが懐きにくくなる

☑ すぐに体調を崩したり病気になる

などのデメリットが起こる可能性も。

 

これから始まるハムライフがより良いものになるには、飼い始めの1週間が大切であると心得ましょう^^

 

本記事では

  • ハムスターのお迎え初日に注意したい3つのこと
  • 最初の1週間にするべきお世話

について解説します。

 

飼い始めの接し方は、のちのちハムちゃんとの信頼関係を築くうえで重要です。

初日~1週間のお世話ポイントについて、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

 

 

ハムスターのお迎え初日に気をつけたい3つのこと

お迎え初日は

☑ ペットショップからおうちまでの運び方

☑ ハムスターケージの準備

☑ ケージへの移し方

の3点に注意が必要です。

順番に見ていきましょう。

 

ペットショップからおうちまでの運び方

ペットショップからおうちへ向かうときは、ハムちゃんのストレスを最小にすることを意識しましょう。

 

移動手段は、なるべく車を使いたいもの。

徒歩だと揺れるのは避けられないですし、公共の乗り物はニオイや音も気になります。

 

また長時間の移動も負担になるので、寄り道せずに帰るのがベスト。

 

初日に緊張するのは、飼い主だけでなくハムちゃんも一緒です。

ハムスターの気持ちになりきって、快適に移動させてあげてくださいね^^

 

ケージの準備

お迎え前にケージを組み立てておき、帰宅後はできるだけ早くケージに移してあげましょう。

 

回し車などの飼育グッズも、あらかじめセットしておいてください^^

 

ケージの選び方と、飼育グッズのレイアウト例は以下の記事で紹介しています♪

ham-diary.com

 

ham-diary.com

 

なお、ペットショップでは

☑ 今まで暮らしていたおうちの床材

☑ 使用済みのトイレ砂

の2つを可能な限り分けてもらいましょう。

 

これらは新しいケージの巣箱とトイレへ。

ハムちゃんが自分のニオイで安心すると同時に、トイレの位置を覚えてもらいやすくする効果があります^^

 

ケージへの移し方

ペットショップでは、専用の箱に入れてハムちゃんを譲ってくれます。

帰宅したら箱ごとケージに入れ、ハムちゃん自ら出てくるのを待ちましょう。

 

箱を揺すったり、無理やり出そうとするのは禁物。

ハムスターが怖がってしまいます。

 

ここでも「自分だったらどうか?」と想像することが大切です。

初めての場所へ黙って連れてこられたハムちゃんの気持ちに寄り添ってあげてくださいね^^

ハムスターのお迎え初日から1週間の注意点

お迎え初日と同じくらい重要なのが、最初の1週間の接し方です。

 

この1週間は

☑ ハムスターに触らない

☑ ケージをジロジロ見ない

☑ お世話は、食事と水の用意だけにする

☑ 掃除はトイレのみ(簡単な掃除はOK)

の4つが大切なポイントになります。

 

各項目について補足しましょう。

 

ハムスターに触らない

いざハムちゃんがおうちに来ると、あまりのかわいさに触りたくなってしまう方も多いでしょう。

でも、来たばかりのハムスターは警戒レベルMAX。

 

自然界で敵の多いハムちゃんは「ここは危険な場所なのでは?」「食べられてしまうんじゃないか?」と怯えています。

 

そんなときに手を出されるのは、ハムちゃんにとってストレスに。

今後、懐きにくくなってしまう可能性も否定できません;;

 

ハムスターと仲良くなるにはステップを踏んでいくことが大切と肝に銘じ、今は触りたい衝動をグッと我慢しましょう^^

 

参考記事:

ham-diary.com

 

ケージをジロジロ見ない

ハムちゃんを無事に移せたら、ケージを定位置に置きましょう。

ケージの置き場所は、テレビなどの音がうるさくなく、急激な温度変化のないところがベスト。

 

床に置くと人の足音が響きやすいので、テーブルなどの上に置いてください。

 

最初の1週間はとにかくケージを不必要に覗き込まないこと。

生死が心配な場合は、ごはんの減り具合や活動している音などで判断しましょう^^

 

適切なケージの置き場所については、以下の記事をご覧ください♪

ham-diary.com

 

お世話は、食事と水の用意だけにする

食事の用意ですが、最初はペレットのみでかまいません。

ペットショップで食べていたのと同じものをあげましょう。

 

ペレットはハムちゃんにとって最も必要な総合栄養食であるうえ、1日出ていても傷まないので安心です。

 

ハムちゃんの警戒心がとけるまでは「ペレットをこっそり回収し、巣箱に持ち帰って食べる」がしばらく続きますが、慣れてくれば姿を見せてくれるようになります。

 

水分が多く傷みやすい野菜などをあげるのは、手渡しできるようになってから^^

なお、お水は1日1回交換して新鮮に保ちましょう。

 

参考記事:

ham-diary.com

 

ham-diary.com

 

掃除はトイレのみ(簡単な掃除はOK)

ケージ内の掃除は、少なからずハムちゃんにストレスを与えます。

よって、飼い始めはトイレ掃除のみで大丈夫です。

 

トイレは雑菌が最も繁殖しやすい場所。

毎日オシッコで汚れた砂を取り除き、新しい砂を補充してください。

 

ただし、シナモン(我が家のジャンガリアンハムスター♀)もそうでしたが、トイレを使わない子、覚えられない子もなかにはいます。

 

その場合は、オシッコで汚れた床材を都度取り除くようにしましょう^^

 

なお、初めての大掃除はお迎えして1週間経ってからでOK!

くわしくは以下の記事をご覧ください♪

ham-diary.com

ハムスターは「お迎え初日から1週間」のお世話を大切にしよう!

初めてのハムちゃんのお迎えは、心が躍りますよね^^

しかし衝動的にお迎えを決めたり、来て早々に構いすぎるのは危険です。

 

ハムスターはストレスに弱いため、飼い始めで対応を誤ると

☑ 人に慣れにくくなる

☑ 体調不良や病気にかかりやすくなる

などのおそれもあります。

 

ハムスターの「お迎え初日から1週間」は、以下のことに気をつけましょう。

 

  • ペットショップからハムちゃんを運ぶときは、騒音、揺れ、長時間の移動を避ける
  • ハムちゃんをケージに移すときは、なるべくスムーズにおこなう
  • ケージはあらかじめ組み立て、飼育グッズもセットしておく
  • 無理やり箱から出そうとせず、ハムちゃんが自ら出てくるのを待つ
  • 最初の1週間はハムちゃんに構いすぎず、最低限のお世話をする(食事、水、トイレ掃除)

 

いろいろ書きましたが、経験談でお話すると「ハムちゃんは意外と順応」してくれるもの。

 

うちの夫は(私の忠告を無視して)最初の1週間でかわいすぎるあまり触りまくっていました;;笑

 

が、シナモンはすっかり我が家に慣れてくれ、毎日いとおしく、いかにこの子のために頑張れるか?で頭がいっぱいの日々です^^

 

最初は間違えることもありますが、真っ直ぐな気持ちで向き合えばハムちゃんとの信頼関係を築けるはず♪

 

あなたのハムライフが素敵なものになりますように…☆

 

それではまた♪

皆さま、よい1日を^^

🐹「お読みいただきありがとうございました♡」